【英語ブログ】これまでの道のりと、これからの方向性

あなたが 何かを始めるときって、 どんなときでしょう? 何かを見たり聞いたりして、 心が動いて「やってみよう」と 体も動きだすこともあると思います。 わたしは、以下のテレビ番組を見て 英語ブログを始めようと思いました。 「プロフェッショナル仕事の…

子どものときの風

ときどき、子どものころを 思い出すような風がふいてきます。 Photo by Nadia Jamnik on Unsplash その風がふくと、 子どものころの とても幸せだったときの 感覚が、身体に戻ってきます。 そういうことって、 ありませんか? 子どものときに住んでいた場所…

【インタビュー30】歩き続けて、たどりつく場所

ポッドキャスト名:The Moment with Brian Koppelman エピソード名:Nicholas Morgenstern 10/9/18 海外ドラマ「ビリオンズ」 シーズン4エピソード6の はじめのシーンで、ご本人が、 登場します。 アイスクリームが とても美味しそう! Basically reaching…

リストを作る習慣

思いついたときに リストを作るという習慣が、 目には見えない大きな変化を 人生にもたらしてくれる。 「人生で大事なこと」から 「キャンプに持っていくもの」まで さまざまなもの(リスト)が考えられる。 著書:はじめてのGTDストレスフリーの整理術 著者…

今週のテーマ

一週間ごとに テーマを決めても おもしろいかもしれません。 たとえば、 今週のテーマは「太陽」 一週間、太陽の存在や ありがたみを意識してみる。 Photo by Anders Jildén on Unsplash 太陽の光のおかげで、 朝、気持ちよく起きて 出かけることができる。 …

【わたしの100冊】大人になってやめたこと

「持っていない」ものを数えるより 持っているものを「使う」人生を。 本棚の本は、 だいたい読み終わって、 読書ノートにも記録した。 が、しかし、kindle本。 読み終わってないものを 初めて数えてみたら、 60冊くらいあって、びっくりした。 いつの間に …

3つの「ありがとう」

目を閉じて 呼吸を整える。 Photo by Annie Spratt on Unsplash 今までの人生のなかで 感謝していることを3つ考えてみる。 1つずつ、 そのときの状況を思い出してみる。 両手を胸にあてて、 そのときに感じた気持ちを もう一度感じてみる。 ゆっくりと 呼…

【わたしの100冊】ずっとやりたかったことを、やりなさい

私たちは おどろくほど さまざまな方法で 自分をいじめようとする。 自分の本当の力に気づきはじめると 目の前に広大な可能性が開かれる。 それが私たちを脅かすのだ。 それゆえ私たちは 成長の速度をゆるめるために 障害物に手を伸ばす。 「失敗を恐る以上…

うつ病への手紙

ムリをすると、 心がこわれることを知りました。 心から「進みたい」と 思った道を歩きたい。 もう、自分に ウソをつきたくない。 もっと、 わがままになって、いい。 Photo by Filip Zrnzević on Unsplash あなたは、 いろんなことを教えてくれました。 あ…

【わたしの100冊】一汁一菜でよいという提案

暮らしにおいて大切なことは、 自分自身の心の置き場、 心地よい場所に帰ってくる 生活のリズムを作ることだと思います。 その柱となるのが食事です。 食材に触れて料理すると その背景にある自然と つながっていることになる。 ハッとするような言葉の数々…

「ごめんなさい」と「ありがとう」

心の庭に 「ありがとう」の花を 植えていくことも大切だが、 「ごめんなさい」と言いながら 雑草を抜いていくことも大切だなって、 ふと思いました。 Photo by NeONBRAND on Unsplash 誰の言葉か 忘れてしまったが、 Hurt people hurt people. Free people f…

心のキズを、いやして、行く

「心のキズを いやすために39」を まとめているときに、ふと思いました。 思い出すだけでキズつくこと、 思い出すだけで落ちこむことを なんで、何度も何度も思い出すのだろう? その「こたえ」は、 人によって違うかもしれません。 わたしの場合、もしかし…

【インタビュー30】迷子になって遊んでみる

ポッドキャスト名:Impact Theory with Tom Bilyeu エピソード名:#71 Kevin Kelly on The Power of Being Lost 成功の定義 Finding yourself. 自分に対する 理解を深めていく。 自分が何者なのかを知り、 その通りに生きることができたら、 もう、それだけ…

そのアドバイスは、心に響く?

たとえば、誰かが自分の家に来て 「家具の配置を変えてみたら?」と提案する。 「うん、 変えてみても、いいかも。 気分転換になって、いいかも」 「今の配置、なんとなく 違和感があったんだよね」 素直に そう思えたら、 変えてみるのも いいかもしれませ…

「幸せな思い出」をありがとう

思い出すだけで 幸せになれる 思い出があります。 Photo by Robert Collins on Unsplash 誰も、ここに、いないけど、 あたたかい気持ちで 心がいっぱいになる。 だから、 ありがとう。 みんな、元気に してると、いいな。