自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

【インタビュー30】シンプルに、今を、行く

 

ポッドキャスト名:The Tim Ferriss Show

エピソード名:Jason Fried

 

 

はじめの7〜11分に出てくる英語フレーズ

 

Thanks for having me.

 

I'm thrilled that you were able and willing to make the time.

 

How much of that is an inate skill versus an aquired skill?

 

I pay attention to some degree.

 

I don't wanna be influenced that much.

 

I read very little news in general.

 

That's intentional.

 

 

心に残ったこと & 学んだこと

 

ゴールを設定しない

 

Basecampという会社では、

一般的な会社で設定するような数字の目標がない。

 

あるのは、6週間プロジェクト・サイクル。

基本的に6週間以上かかることは、しない。

 

6週間が終わったら、1、2週間、お休み。

そこで、また新しいアイディアが生まれて、

次の6週間サイクルに活かされる。

 

ゴールを持たないという記事も書いている。

 

この考えかた、やりかたが

すべての人に適しているとは、言っていない。

 

みんな、それぞれ、

自分に合った方法で進めばいい。

 

 

おもしろい...。

 

ゴールを持たないと言うけれど、

「こういう生きかたがしたい」と、

しっかり思い描けているように、

インタビューを聞きながら思った。 

 

6週間サイクルも、ステキ。

会社で6週間なら、個人だと、

もう少し短い期間でも、いいのかも。

 

ちょっと、やってみようかな。

 

プロジェクトの期間と

モチベーションに関する、

こちらの記事も、おもしろい。 

 

1つのプロジェクトが、

いつまでも、だらだらと続くと、

モチベーションが、なくなっていく。

 

1つの大きなプロジェクトを、

小さなプロジェクトに分ける。

 

何か新しいことを始めるときに、

一番ワクワクするものだから。

 

 

よりシンプルに

 

もし学校で授業を担当できるなら、

こんなことをしたいのだそう。

 

1つのテーマを選んで、

それについて5ページ書く。

 

その5ページを

3ページにまとめる。

 

その3ページを

1ページにまとめる。

 

その1ページを

3つの段落にまとめる。

 

複雑なことを

どれだけシンプルにできるか。

 

核となるメッセージを

どれだけ短く分かりやすく伝えられるか。

 

 

自然界のペース

 

10年前に土地を購入。

大草原の景観を、取りもどす、

「Prairie Restoration」に取りくんでいる。

 

雑草などを取りのぞいて、種を植える。

 

このプロセスは、

とても、ゆっくりと進む。

 

f:id:live-yourlife:20180805132916j:plain

Photo by Philipp Reiner on Unsplash

 

Nature is never in a hurry,

but it accomplishes everything.

 

自然は、いそいだりしない、

でも、すべてが、なるべき姿になる。

 

現代社会は、

大きな結果を短期間で求める。

せかされて生きている人が、

どれだけいるだろうか。

 

そのプロセスで、

いろんなものを破壊している。

 

土に触れる、

自然に触れる時間を持つ。

自然と共に生きていく。

 

ゆっくりと、

今を楽しみながら、進む。