自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

【記録する】読んだ本を1枚のルーズリーフに

 

2013年から、読んだ本を、

1枚のルーズリーフに書きだして、

ファイルに、まとめるようにしている。

 

「1分間勉強法」という本で

紹介されている方法で記録。

 

関連記事:

【わたしの100冊】本当に頭がよくなる1分間勉強法

 

 

こんな感じ

  

一番上に、

本のタイトル、

著者、

記録している日付 。

 

個人的には、

無地のルーズリーフが好き。

 

 

電子書籍の場合、

ハイライトした箇所を

ルーズリーフに書いていく。 

 

ボールペン:JETSTREAM(青)

 

 

左上、左下、右上、右下の順番で、

自分にとって一番大切な箇所を

左上から書いていく。

 

これは、もう、感覚で進めていく。

 

 

できあがり!

 

これは、洋書「The ONE THING」の記録。

 

関連記事:

【洋書の名言】The ONE THING

 

 

使っている色ペンたち 

 

これからは、

ZEBRAの「マイルド・ライナー」に

統一していこうかと。

 

普通の蛍光ペンのように

目にチカチカせず、

やさしい色がGOOD!

 

 

感想

 

一冊の本を

一枚のルーズリーフに

まとめようとすると、

限りがある。

 

「今の自分」にとって

ヒットした箇所は、どこだろう?

 

と考えさせられる。

 

その本の概要について、

まとめようとするのではなく、

「今の自分」にとって本当に大切な箇所。

 

書きだしていくと、

ちょっとしたテーマが

見えてくることもある。

 

これを、何冊も続けていると、

 

似たような内容が、

それぞれの著者の言葉で

説明されていることに気づいたり、

 

自分の好みや、

進む方向性、次の

とるべき行動なども、

見えてくるから、おもしろい。

 

 

あと、電子書籍を

読みかえすより、

目に、やさしい。

 

 

さいごに 

 

 少しでも、誰かの参考になれば、嬉しい。

 

 

今日も、

ステキな1日に、

なりますように...。