something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

なんのためにブログを読むのか?なんのためにブログを書くのか?

 

こんにちは、kanataです。

「おとなの小論文教室」という本を読みました。

 

小論文と聞くと、正直、少し堅苦しいイメージがあります。

学生の頃に嫌々書いて点数をつけられるもの、

というのが私の中に残っている記憶です。

 

でも、この本を読んでいくと、

「ブログを書くこと」にも通じることが、

たくさん散りばめられているように感じました。

読者の方のメールなどもたくさん紹介されていて、

色んな人の違った言葉を読めたのも興味深かったです。

 

 

あなたの言葉が聞きたい。
きっと私は、ただひとつ、
そのために、この本を贈ります。
 
目には見えないけれど、あなたの中に、
感情があり、想いがあり、意志がある。
それを言葉にして、外に表し、
人に通じさせてほしいのです。
素敵な表現。
 
たぶん、自分が誰かのブログを読みにいくのは、
その人の言葉を読みにいきたいから。
その言葉を通して新しい考え方や、
何かキレイなものに触れたいと思うから。
 
自分がブログを書くのは
自分の中にあるものを知りたいから。
 
言葉で表現していくうちに、自分について
新しい気づきがあったりするのが面白い。
「自分の中にこんなものが、あったんだ」って。
 
その言葉を読んで誰かが、何かを感じてくれたり、
新しい発見や再発見があったりしたら嬉しい。

 
短く言うことは、
大事なものだけ残して、
あと全部棄てることです。
 
短く言えないということは、
大事なことの順番が自分にも
わかっていないということ。
これでは、人に伝えることは難しい。
 
英語の「Less is more」という言葉を思い出しました。
 
最近Youtubeで、洋書の本の内容を
まとめた動画を見ることにハマっています。
 
同じ本をまとめた動画をいくつか見るんだけど、
こっちの方が好きだなっていうのがあることに気がつきました。
なんで、こっちの方に、より魅力を感じるんだろう?
 
それは、本の内容をすべて説明しようとする
のではなく、その人が感銘を受けたポイントを
いくつかピックアップして、そのポイントに関連する
自分の実際の体験なども話しながら説明している動画です。
 
ただただ本の内容を1から10まで
目次を読んでいるみたいに説明される
(誰にでもできる)より、その人が選んだポイントを、
その人の言葉で、その人の体験を、物語を聞くように
話してくれるものに惹かれることに気づきました。
 
ああ、自分もこんな風にブログを書きたい。
 
 

表現力は、いまをつかむためにある。

いま、自分になる、ことだ。

これは、どういうことだろう?

この言葉を聞いて、何を想像しますか?

 

私には、まだ、よく分かりません。

でも、この言葉に、なぜか強く惹かれました。

 

 

おとなの小論文教室。

おとなの小論文教室。

 

 

 

 P.S.

このブログを読んでいるあなたへ:

読みに来てくれてありがとうございます。

 

ブログを書いている人へ:

素敵な言葉や気づきを、ありがとうございます。