自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

少ない枚数で応募できる超短編小説

 

こんにちは、kanataです。

ショートショートって聞いたことありますか?

 

短編小説よりも短い物語の形。 

いろんな定義があるかもしれないけど、

個人的には、こんな感じです。 

 

調べてみると色んな応募先があるみたいで、

過去の受賞作品も、読んでみると面白い!

 

長編小説と比べて、

少ない枚数(文字数)で応募できるので、

挑戦しやすいのではないでしょうか。

 

いくつか、応募できる賞をリストアップしてみました。

 

 

ショートショート大賞

 

400字原稿用紙:1〜15枚

 

賞金:大賞30万円、優秀賞5万円

 

詳細URL:http://shortshortawards.com/

 

 

 

坊ちゃん文学賞ショートショート部門

 

400字原稿用紙:15枚以下

 

賞金:大賞20万円、佳作5万円

 

詳細URL:http://bocchan.matsuyama.ehime.jp/

 

 

 

ブックショートアワード

 

文字数:1000文字〜10,000文字以内

 

賞金:大賞100万円

 

詳細URL:http://bookshorts.jp/entry2016

 

 

 

TO-BE小説工房

 

400字原稿用紙:5枚厳守

 

賞金:最優秀賞3万円(商品券)

 

詳細URL:http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html

 

 

 

東京新聞300文字小説

 

文字数:300文字以内

 

商品:図書カード(3000円相当)

 

詳細URL:http://www.tokyo-np.co.jp/article/novel300/

 

 

 

小説現代ショートショート・コンテスト 

 

400字原稿用紙:5枚以内

 

賞金:2万円

 

詳細は「小説現代」紙面を確認

 

 

 

おまけ

 

「公募ガイド」をご存知ですか?

公募ガイド 2017年 02 月号 [雑誌]

公募ガイド 2017年 02 月号 [雑誌]

 

 

この前、初めてこの雑誌を買って読んでみました。

小説だけでなく、川柳、短歌、短文、写真、などなど、

「こんなにたくさん応募先があるんだ」ってビックリ。

 

短くても、

1つ1つの作品を完成させて、

応募していきたいと思いました。

 

 

 

自分だけの作品、つくってみませんか?

 

 

Hope you find something beautiful today...

 

ではでは、今日もいい日になーーーれ

 

 

 

関連記事: