something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【お題スロットを7日間書く】2日目は、さかなクンの一魚一会を読んで

 

こんにちは、kanataです。

 

お題スロット2日目です。

「好きな調味料」という

お題をスキップして出てきたのは、

お題「読書感想文」

 

 

本棚の前で、どの本について書こうかなって

考えていたら、1つの本が目にとまりました。

 

さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~

さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~

 

 

そういえば...

この本、4ヶ月前くらいに読んで、

「よかった、またブログ記事に書こう」

と思っていたのに書けていなかった本。

 

そういうことって、ないですか?

そのときは「あ、これブログに書いたら面白そう」とか

色んなこと考えるのに、結局書けずじまいなこと。

 

私は、いっぱいあるような気がします。

1つ1つ行動に移して形にしていきたいものですね。

 

ということで、この本から3つ、

心に残った箇所を紹介したいと思います。

 

 

この表現のしかた、面白い!

 

もちろん、学校の成績はヒドいもの。

通知表は毎回、アヒルさんの行列のように、

数字の2がズラリと並んでいるありさまです。

 

アヒルの行列?

 

22222222222222

 

たしかに!

アヒルの行列に見える、おもしろい!

 

本を読むとき、こんな風に、

今まで聞いたことのない表現に

出会うと、とても嬉しくなります。

 

 

自分の感覚を大切にする

 

「はっきり言葉にするのは難しいんだけど、

ちがうと思うんだ。なんかちがう気がする、

自分の生きる道は。」

(熱帯魚屋さんの正社員になる誘いを断る理由を母親に聞かれて)

 

直感、感覚、

そんな気がする。

 

どんな理屈にも勝る、自分の中の

羅針盤を大切にしたいと思うし、

その感覚を研ぎすましていきたい。

 

その感覚を研ぎすましていくには、

自分自身と正直に誠実に向き合い、

好きな方を選ぶ、嫌なことは選ばない。

好きなことをする、嫌なことはしない。

 

これを積み重ねていくことが

大切なんじゃないかと感じる、今日この頃。

 

 

自分が感じた感動を伝える

 

"伝える"とは、じつはとてもシンプルなこと

なのではないかと気がついてきました。(一部省略)

 

いつも自分が、お魚を見たときに

「わあ!かわいい。色がキレイ!」とうっとりしたり、

お魚の固有の動きや特徴を見て

「ギョエ、なんだこれ!おもしろい!」と思っているのを、

 

そのまま素直に出してみたら、

それがいちばん伝わるんじゃないか。

 

自分で感じたワクワクや感動を、

そのまま体全体を使って表現するだけで、

もしかしたらわかってもらえるんじゃないだろうか。

そう思ったのでした。

 

自分が心を動かされたこと、

「キレイだな...」って感じたことを

ブログに書き続けていきたいと思いました。

 

 

Hope you find something beautiful today...

 

ではでは、今日もいい日になーーーれ