something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

遊ぶ感覚で生きていきたい

 
「遊ぶ」が勝ち、という本を読みました。
 
悩みというものの多くは、
視点が固定されていることから生まれる。
だとするなら、悩んでいる人は特に、
「引く」とか「ずらす」という遊びの感覚を駆使して
距離を取り、自分の中に「余白」や「ゆるみ」や
「隙間」を作っていくことが大事だと思う。
 

「こうでなければならない」という枠の中から、

一歩ふみ出し、見つめてみることが大切だなと感じました。
 
この前読んだ「逃げる=距離をとる」ことに通じる考え方。
 
 
今いる場所が、
「これから結果が出る」という待ちの状態なのか、
それとも成果が出ていないのかさえ、判断がつかなかった。
 
自分が経験したことのある苦しみと似たようなことが
本やブログなどに書いてあると、少しホッとしませんか?
「あ、こういう気持ちになるの、私だけじゃないんだ」 って。
 
 

何かに自分を《委ねる感じ》。

能動的というより、

自分を他や環境に投げてしまう感じ。

本当に遊びの感覚が強くなってくると、

たぶん、そんなふうになってくるのだと思う。

 

英語の「Living in the flow」という言葉を思い出しました。

「流れの中を生きる。」

 

今していることに夢中になったり没頭しているような感覚。

人は、このような流れの中に生きている時間が多いほど、

幸せだという研究結果も出ています。

関連記事:【TEDトーク】幸せと流れに乗ることの関係性

 
 

最後に

 

 世間一般で言われている「成功の形」や「幸せの形」と

今の自分を比べて落ち込む必要なんてないなって感じました。

 

遊びの感覚を持って、

自分に合った「成功」や「幸せ」の定義をつくって、生きたい。

「遊ぶ」が勝ち  『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ! (中公新書ラクレ)

「遊ぶ」が勝ち 『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ! (中公新書ラクレ)

 

 

 

 

Hope you find something beautiful today...

ではでは、今日もいい日になーーーれ