自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

心を開いて生きるということ

 

f:id:live-yourlife:20161123041840j:plain

 

あなたは、普段からオープンな人ですか?

それとも人見知りなタイプですか?

 

 

この前紹介したTEDトークの中で、

両手を広げて、人生の痛みも美しさも受けとめて生きていく。

 

みたいな箇所があったと思います。

 

私は、どちらかと言うと

必要以上に心を開きっぱなしで

割と無防備な状態で

今まで生きてきたタイプだと思います。

 

でもあるとき、

誰かに言われたひと言にヒドく傷つき、

心を閉じることの方が増えていきました。

 

心を開いた状態だと、閉じている状態よりも

受けるダメージが大きいから、

守りに入ってしまったんでしょうね。

 

そんな風に過ごしていると、

たしかに傷つくことはあまりありません。

 

でも心をお互いに開いて、

深いところで相手とつながり合えたときの

あの喜びや感動もないことに気づきました。

 

 

あまり意識してなかったけど、

もしかしたらブログ記事も

ある一定の時期に書いたものは、

心を閉じた状態で書いていたものが

多かったかもしれません、どうでしょう。

 

近頃思うことは、

 

1. いつも心を開く必要はない、

でも閉じてる時間よりも開いてる時間の方を多くしたい

 

2. ブログ記事や、何か自分の作品を作るときには、

心を開いて、自分の色を出していきたい

 

 

この前、クリント・イーストウッド監督のドキュメンタリーを見ていて

素敵な表現に出会ったので、それを紹介して終わりたいと思います。

 

Keeping it cool while pouring your heart out.

冷静さを保ちながら、自分の心をさらけ出す。

 

(か、かっこよすぎる!)

 

 

では、では、今日もいい日になーーーれ