自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

【ふと思った】メルマガを1つ1つ送るアナログ感も、いい

 

会社づとめのときは、

イベントなどを主催するとき、

一人一人、一社一社に招待状を送っていた。

 

手書きでは、ない。

印刷された招待状を封筒に入れて、

印刷された名前と住所のシールを、

封筒に1つ1つ、はっていく。

 

それは、

アナログなことにデジタルを

取り入れている感じかもしれない。

 

 

今、

1ヶ月に1回くらいのペースで、

メルマガを書いて送っている。

(最近、心に響いた言葉などを、まとめて)

 

これは、

デジタルなことにアナログを

取り入れている感じかもしれない。

 

どこが、アナログなのか?

 

1つ1つのメルマガを

1人1人の購読者に送る。

 

内容は、同じだけど、

一括送信は、しない。

 

たまに、メルマガで

書いたことへの、返事のような

メールをいただくことも、ある。

 

それに対して、

次回のメルマガで、

その方だけに、ちょっとした

返事をそえて送ることもある。

 

自分にとって、それは、

ちょっとした、アナログ感。

 

 

1人1人に送ることで、

購読者1人1人への感謝の気持ちを、

毎回、再確認することもできる。

 

f:id:live-yourlife:20180717132726j:plain

Photo by ål nik on Unsplash

 

 

「購読、ありがとうございます。

今日も、今月も、ステキなことが

たーーーーくさん、ありますように...」

 

そのような気持ちを込めて

1人1人に送っている。

 

ちょっとした、時間と

手間と気持ちをかけて、

毎月、書いて、送っている。

 

 

購読を希望される方にも、

ちょっとした手間を

かけてもらうことになる。

 

購読を希望される方には、

以下の宛先に、以下の件名で

空メールを送ってもらう。

 

宛先:kanata2022@gmail.com

件名:【受取希望】something beautiful...

 

空メールと言いながら、

ちょっとしたメッセージをそえて

送ってくださる方もいる。

 

1つ1つ、

読ませていただいています、

ありがとうございます。

 

かと言って、

「メッセージを書かなきゃ」

ということでもない。

 

あなたの

気が向いたように、

気楽なように、やって

いただければ、いい。

 

 

 

ブログを

読みにきてくださる方にも、

ありがとうございます。

 

今日も

ささやかな幸せが、

たーーーーくさん、

ありますように...。