something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【読書】すべて真夜中の恋人たち

 

素敵な本を読みました。

素敵な言葉の化学反応を体験しました。

 

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)

 

 

 

 

 

けれど、思い出せば胸がしめつけられて

どうしようもなかったあの思いも、あのときの思いも、

日を重ね、時間がたつごとにその色あいは

すこしずつ変化してゆき、ふいにやってくる

胸のざわめきがおさまるまでに必要な時間が一日、

また一日と短くなって、やがてそのざわめきの

渦じたいが小さくなっていくのを感じていた。

 

あんなにはっきりと、さわれるほどだった痛みや

気持ちが、こんなふうになってくれるのが不思議だった。

 

朝や昼間のおおきな光のなかをゆくときは

今も世界のどこかにある真夜中を思い、

そこを過ごす人たちのことを思った。

ひとりきりの夜を、ひとりきりの

真夜中を過ごす人たちのことを思った。

 

私は三束さんのことを思いだして息を止め、

ふたりで話したことを思いだし、

とてもすきだったことを思いだし、ときどき泣き、

また思いだし、それから、ゆっくりと忘れていった。

 

何年か前に、新宿の紀伊国屋書店の

エスカレーターを降りたところに、

この本が置いてあった。本のタイトルとデザインに

惹かれて手に取ったけど、そのときは買わなかった。

 

そのときの自分には必要なかったけど、

いつか読む日がくると予感していたのかもしれない。

そんな気がしました。

 

どうしようもなく辛かった

出来事にしばられていた気持ちも、

心に深くささったトゲの傷あとも、

いつしか時の流れとともに消えていく。

 

読みながら心が洗われる、

そんな時間を過ごすことができました。

 

 

Thank you for your love and wisdom.

Hope you find something beautiful today...

 

ではでは、今日もいい日になーーーれ