読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【音声付き004】読みながら英語が学べる物語をつづりたい。

 

こんにちは、kanataです。

 

読みながら英語が学べる物語をつづりたい、と思い、書き始めました。

 

今回が4つめ。

 

とりあえずの着地点を決めてみようかな。

 

10記事まで。

 

それを1つの、くぎりにしよう。

 

前回までは、コチラから読むことができます。

  

 

Story

 

 

(2:09〜)

 

She is gone, mom said.
She is dead, dad said.
  
I asked myself
"Was she ever there to begin with?
Was she ever alive to me in a real way?"
 
I remembered the last conversation we had together.
She asked how I was doing, how old I was now, you know, the usual small talk.
And then she said something totally unexpected.
 
"You can have my camera."
I couldn't believe what I was hearing.
First, I need to explain her obsession with cameras.
 
 
お姉ちゃんは、いなくなった。お母さんは、そう言った。
お姉ちゃんは、死んだんだ。お父さんは、そう言った。
 
自分自身に問いかけた。
「あの人は、もともと、そこに、いたのだろうか?
私にとって、リアルな生きた存在だっただろうか?」
 
私たちの最後の会話を思い出していた。
私が元気かどうか、私が何歳になったのか、そういう、たわいもない会話。
そして、あの人は、全く予期してなかったことを言った。
 
「私のカメラ、あげるよ」
自分の耳を疑った。
まずは、あの人のカメラ愛について説明する必要があるだろう。 
 
 

英語フレーズ

 
I asked myself
自分自身に聞いてみた
自分自身に質問してみた
自分自身に問いかけた
 
例文:
I ask myself every morning.
"If today was the last day of my life,
would I be doing what I am about to do?"
 
私は毎朝、自分自身に次の質問をする。
「もし今日が自分の人生の最後の1日なら、
今からやろうとしていることを、するだろうか?」
 
 
ever 〜 to begin with?
もともと〜だったのだろうか?
 
 
small talk
世間話
たわいもない話
 
 
I couldn't believe what I was hearing.
(I couldn't believe my ears)
自分の耳を疑った。
自分が聞いていることが信じられなかった。
 
似たようなフレーズ
I couldn't believe what I was seeing.
I couldn't believe my eyes.
 
自分が見ていることが信じられなかった。
自分の目を疑った。
 
 
obsession with〜
〜にハマっていること
〜へのこだわり
 
似たようなフレーズ
have an obsession with〜
〜にハマっている
〜が好きで好きで、しょうがない
〜にこだわりを持っている
 
 

最後に

 
ツイッターでも続きを読むことができます。
 
Where will this lead?
Nobody knows.
 
Till next time...
 
 

では、では、

今日もいい日になーーーれ

 


follow us in feedly
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。