読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【おすすめ】自己啓発的な英語のポッドキャスト3つ

English 自己啓発

 

こんにちは、kanataです。

この記事では、私が気に入っていて、英語で聞ける自己啓発的なポッドキャスト3つと、それぞれオススメの回を紹介したいと思います。

 

 f:id:live-yourlife:20161022051313j:plain

http://indietravelpodcast.com/travelpodcasts/

 

 

The Tony Robbins Podcast

 

この方について、ひと言。神です。尊敬してやまない人の1人です。今まで、何度も何度も、彼の存在、彼の言葉に救われ、目からウロコな体験をしてきました。以前にも、彼の本を読んで印象に残った箇所をまとめた記事を書きました。

洋書 Awaken the Giant Within(アンソニー・ロビンズ)

 

メモ:彼は、日本では、「アンソニー・ロビンズ」で知られているのでは、ないでしょうか。「トニー」は「アンソニー」という名前のニックネームみたいなもの。「ウィリアム」のニックネームが「ビル」、「リチャード」が「ディック」のように。

 

印象に残った言葉たち

If I can figure it out for me, I can help millions of people.

自分が今抱えている問題があって、もし自分がそれを解決することができたなら、同じ問題に悩む多くの人を助けることができる。

 

You get what you tolerate.

これ、なんて訳したらいいんだろう?

「自分が容認するようなことが自分の身に起こる。」かな...。極端な話をすれば、イジメられるのは、「自分のことをイジメてもいいよ」って自分のどこかで容認してる部分があるから、みたいな。

 

トニーが何度も何度も言うのは、自分の心のあり方が変われば、周りも変わるということ。

 

オススメの回は、

Why we do what we do (Tony explains the 6 human needs)

トニーの、かの有名な2006年TEDトークの更新版。どのような欲求に突き動かさせて、私たちは行動するのだろうか。自分を見る目も、人を見る目も変わります。

 

A look inside Date with Destiny (How masculine and feminine energies impact relationships)

トニーが年1回主催する自己啓発セミナーの一部を収録したもの。男女の関係で、男性が男性的であること、女性が女性的であることの大切さについて語っています。実際に、セミナーに参加したカップルに対して語っています。目からウロコです。

 

From the Vault: Tony Robbins and Dr. Gerald Jampolsky and Diane Cirincione (Part 1 & 2) The power of forgiveness, letting go of fear and finding true intimacy

トニーが2人の専門家に、人を許すこと、恐れていることを手放し、人間関係で本当に親しい関係を築いていくことなどについて聞いていく。この回を聞いていく中で、実際に自分の中の執着に気づき、許すことで手放すことを学んでいけるパワフルな回です。

 

From the Vault: Tony Robbins & Jay Abraham (Part1 & 2) World class marketing, strategic innovation and how to grow a business exponentially

トニーがジェイに、世界最先端のマーケティングについてインタビューする。パート1と2、全部で2時間くらい。ジェイ・アブラハムといえば、私でも名前くらいは聞いたことがあります。「自己啓発!」って感じではないけど、すごく勉強になる貴重な回です。1回聞いただけでは、消化しきれないくらい濃い内容です。

 

 

The Tim Ferriss Show

 

「週4時間だけ働く」の著者です。

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

 

 

この本を読んで、彼に興味を持つようになりました。色んなことに挑戦して体験してみるというスタンスの方で、このポッドキャストでも多くの著名人にインタビューしていて面白いです。日本語も話せる方で、たまーーに、出だしが、意味不明な日本語で始まる回もあります。

 

オススメの回は、

#178 Tony Robbins - On Achievement Versus Fulfillment

はい、ティムがトニー・ロビンズをインタビューする回です笑

何かを達成することと心が満たされることの違いについて話しています。

 

#186: Tony Robbins on how to resolve internal conflict

これは12分の短いもので、#178の中の1部を抜粋したものです。その場で実際に体験できる瞑想エクササイズ。自分の心を感謝という気持ちで満たせば、そこに怒りや恐れという感情が存在する余地がない、という内容です。

 

#168: Dissecting the Success of Malcolm Gladwell

ベストセラー作家マルコム・グラッドウェル(著書:ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか天才! 成功する人々の法則など)の成功に迫る回です。

 

#154: The habits of a master - Paulo Coelho, Author of the Alchemist

世界中でベストセラーとなった小説「アルケミスト」の著者パウロ・コエーリョが登場する回です。彼自身の成功の秘訣や習慣について話しています。

 

 

The Fizzle Show

 
ブロガーや起業家など、好きなことをして生きていきたい人たちのためのポッドキャストなんだけど、自己啓発的な内容もあって好きです。何人かで集まって会話形式でその日のトピックについて話していく感じです。毎回、話は逸れていきます。必ず。それはそれで、楽しい雰囲気が伝わってきます。下ネタに走ってしまう回もありますが、まー、そこは、ノーコメントで。
 
今、この記事を書いている時点で185回まで配信されています。メンバーが途中で変わったりするんだけど、メインの2人がチェイスとコーベット。この2人の見どころ、というか聞きどころは、2人の性格が対照的なんだけど、それが逆に良い味を出しているというか、会話にリズムというかスパイスが加わる感じで、面白いです。コーベットがまじめで知的な感じで話を進めて、チェイスが暴走するタイプなんだけど、すごく的を得た例え話とか、何かハッとするようなことを途中で言ったりするんです。
 
ブログを書く人にとって参考になる、印象に残った言葉

People come for the topic and stay for the voice.

人は、書いている(話してる)話題とか内容に興味をもったら 読みにきて(聞きにきて)くれるけど、その場に留まってくれたり、また来てくれるのは、そこに、書いてる(話してる)人独自の声(個性)があるからだ。

 
このポッドキャストは、上の2つと違って、特にこの回が好きっていうのはありません。すべての回に何か気づきがあり、楽しんで聞いています。
 
 

【おまけ1】Freakonomics Radio

 
「ヤバい経済学」の著者です。
ヤバい経済学 [増補改訂版]

ヤバい経済学 [増補改訂版]

  • 作者: スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー,望月衛
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2007/04/27
  • メディア: 単行本
  • 購入: 34人 クリック: 437回
  • この商品を含むブログ (246件) を見る
 

 

経済学の内容を中心に興味を引くようなものが多くあり、自己啓発的な内容の回もあります。

 

 

【おまけ2】心屋仁之助の「ホントの自分を見つけるラジオ」

 

日本語です。

現在、毎週金曜日に新しい回が配信されています。

 

聞いてるだけで心が楽になります。

私は、一生懸命、前者になろうとして劣等感を感じていた後者...なような気がします。

 

前者と後者って何?

第3回を聞いてみてください。

 

 

最後に

 

本を読むのも好きだけど、その人の声で聞くのも好きです。

活字とは違った感じが良いです。

 

ふと思いました。自分の好きなもの、自分に元気を与えてくれる、そういうものに囲まれて毎日を過ごせるっていいなって。

 

 

では、では、

今日もいい日になーーーれ

 

follow us in feedly

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。