読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【小説30日チャレンジ#1】とりあえず書き始めることが大切だと思った。

クリエイティブ

 

f:id:live-yourlife:20160718185211j:plain

 

こんにちは、kanataです。

 

今回で2回目の30日チャレンジになります。

「冒頭30日チャレンジ」か「小説30日チャレンジ」を考えていたのですが、

 

冒頭30日チャレンジ:小説の冒頭を30パターン(30日)書く。

小説30日チャレンジ:30日間で1つの小説を書き上げる。

 

小説30日チャレンジに挑戦することにしました。

 

 

使っているもの :

 

 

 

もう長い間ずーーっとジェットストリームを使っています。書き心地が好き。

 

 

基本的ルール:どんなに少なくても、毎日何か書くようにする。

 

 

TO DO リスト:

小説の書き方の本を読む

小説を読む(日本の小説、洋書)

小説を書く

運動をする

 

何時から何時までは、これをする、と決めるのではなく、なんとなくな感じ。

 

 

2日間やってみて感じたこと:

 

① 30日チャレンジだけど、とりあえず、7日間を最初のゴールにしたいと思う。30日って短いようで長い、長いようで、あっと言う間に過ぎていく。前回の30日チャレンジで感じた。まずは、ここまでがんばろう、っていう区切りがあったらいいな、と。

 

書き始めてこそ見える世界がある。いつからだろう。小説は、ずっと書きたいと思っていた。でも、書き始める前から、いつも挫折していた。頭の中で、物語を考え始めるのは、いつも楽しかった。こうなって、こうなって、そしてこうなって...。でも、いつも途中で壁にぶつかる。先が見えない、終わりにたどり着かない、もうダメだ。全体像、おおまかな話の流れ(プロット)が見いだせないことに不安を感じた。

 

たまに、作家の人のインタビューを読むと「登場人物が勝手に動いてくれる」とか「途中から物語が自分の想像を越えたところで、展開していった」とか「自分は頭の中で観た光景、聞いたことを、紙に書いていくだけ」とか。本当かな?って思っていた。でも色んな作家が似たようなことを言っているから、そうなんだろうと論理的には納得していた。

 

今は、実感として、ほんの少しだけ、それが分かる。実際に書き始めて「この人はどんな人なんだろう?」って登場人物1人1人に寄り添うように書いていくと、書き始める前には分からなかったような、新しい発見がある、ということが分かった。

 

小説を書くことに並行して、小説を読んだり、小説の書き方について学ぶ。前に短い小説を書いたときは、ただひたすら書くだけだった。途中(いや、はじめの方だったかもしれない)から枯れていくのが分かった、何も出てこなかったけど、無理矢理出して、枚数を書いて、不時着したような終わり方だった。2回目は、終わりにすらたどり着けず、途中で書くのを止めてしまった。

 

3回目の今回は、他の人の小説を読んだり、小説の書き方について学びながら書いている。これが、自分に合っているように思う。良い小説を読んだら、会話のテンポだったり、場面の切り替わり方だったり、なにか「いいな」と感じたものを、自分の小説に取り入れる。つまらないと感じる小説を読んだら、何がつまらないのか考え、そういう書き方はしないように気をつける。

 

 

最後に

 

ずっと、やりたいと思っていたけど、先延ばしにしていたこと、何かありますか?とりあえず30日、とりあえず7日、とりあえず3日、なにか始めてみるのもいいかもしれませんね...。

 

 

ではでは、

今日もいい日になーーれ

 

follow us in feedly

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ちなみに、1回目の30日チャレンジは「ブログ記事を30日1記事3000文字以上書く」でした。1日目の記事はこちら。