自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

不思議な境地に入って、いつも以上の力を発揮するということについて

 

f:id:live-yourlife:20160529183436j:plain

http://beautiful-portals.tumblr.com/

 

あの扉は、どこにつづいているんだろう...。 

 

こんにちは、kanataです。

この前、翻訳をしながら、

ふと思ったことについて。

 

仕事や趣味や何らかの作業を

しているときに、不思議な境地に入って

普段以上の力を発揮したことは、ありませんか?

 

今回は、そのことについて

書いていきたいと思います。

 

 

 

不思議な境地に入る

 

不思議な境地に入る。

 

別の言い方をすると、

ものすごい集中した状態で、

いつも以上の作業量や作業の質を、

いつも以上のスピードでやってしまう。

 

他にも色んな言い方があると思う。

流れに乗る、いつもより調子がいい、

今日は何か来てる、神がかってる、

トランス状態になる、ものすごい

集中力を発揮する、などなど。

 

こういうことは、どちらかというと

芸術の分野に多いのかと、ずっと思ってた。

 

例えば、ダンサーが舞台に立って、

いつもの踊りをするんだけど、いつもとは

何かが違う、今日は何か、神がかってる。

 

それは、

踊っている本人も感じているし、

一緒に踊っているダンサーも。

 

観客も何かを感じる

「今まで見てきた踊りとは何かが違う」と。

 

でも芸術の分野だけじゃないのかも。

 

大なり小なり、

どんなことをするときでも、

このような境地に入ることができる。

 

不思議な流れに乗ったような。

その流れに身をまかせて、やっていくと、

なぜか良い方向に行く。すべてがかみ合い

上手くまわっていく、最後の(とりあえずの)着地点まで。

 

とりあえずの着地点は、

1つの公演会の終わりだったり、

1日の仕事の終わりだったり、

ブログ記事1つを書き終わったときだったり。

 

毎回このような境地に入れるわけではないし、

その境地に入れたとしても、1日のうち

30分だけだったり、1時間の作業のうち5分だけだったり。

 

でも、その境地に入れたという

感覚を持つことが大切なんだと思った。

 

その感覚をたよりに、

もう一度その場所に行ける。

 

 

翻訳の場合

 

翻訳をしているときだと、

たまに、ものすごいスピードで手が動いていく。

 

自分が動かしているというよりは、

動かされているような感覚。

 

それだけだと、ものすごい

集中してるだけって感じだけど、それだけじゃない。

 

違う言語に翻訳するときは、

どんなに頑張っても、そのままの

ニュアンスを伝えられなくて、

もどかしい思いをしていた。

 

最近は「それは、もうしょうがない。

そういうものだ。」と割り切っていた。

 

でも、たまに訳が、

すごくピタッと当てはまるときがある。

 

それは、単に直訳をして

当てはまったとかではなく、

全く違った表現(訳)をするんだけど、

そこにあるニュアンス(言いたいこと)が当てはまる。

 

そういうときに感じる

快感はハンパじゃない。

 

誰にでも、そういう瞬間が

あるんじゃないかと思う。

 

何かを創るときに、

思い描いていたような

ピッタリの素材を見つけたときとか。

 

その表現は、だいぶ前にYouTubeで聞いた

英語のスピーチの中に出てきたものだった。

 

だいぶ前に聞いた表現だったけど、

忘れずに残っていた、頭の中のどこかに。

 

「この表現、なんか素敵だな〜」って

思っていたから覚えていたのかもしれない。

 

過去の経験(見たこと、聞いたこと、

味わったこと、感じたことなどなど)

1つ1つが未来のどこか(何かに)

つながったり影響を与えるのかなって、ふと思った。

 

つながらずに

流れさっていくものも、

あるような気がするけど。

 

 

我を無くし、流れに乗る

 

昔読んだ本を思い出した。

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)

  • 作者: 茂木健一郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: 文庫
 

 

没入感→勉強にのめりこみ、

勉強と自分が一体になる感覚。

 

勉強にせよ仕事にせよ、

その「没我」の境地に達していないと、

なかなか向上することがありません。

 

思い立ったらすぐとりかかる。

1分、2分という時間でも集中してやる。

大切なのは「流れ」を止めないことです。

 

このような境地に入っていくためには、

毎日、同じことをくり返す(その作業を

たくさんする)ことが必要だと言っている。

 

勉強だと、とにかくたくさん

読んで、聞いて、話して、書く、と。

 

作家スティーブン・キングも似たようなことを言っていた。

書くことは、自分自身を

催眠術にかけるようなものです。

 

毎日同じことをくり返す中で、

トランス状態に入ることができます。

 

 

いつもの自分とは違った自分に変身

 

ここまで記事を書いてきて、思ったことがある。

このような境地に入ることって、アレに似てるなって。

 

セーラームーン(今だとプリキュアか)が変身する場面。

ドラゴンボールでスーパーサイヤ人になる場面。

変身すると、何から何まで、いつも以上の力が発揮される。

 

ただ、変身している状態は

デフォルト(通常)の状態じゃない。

 

同じように、自分も普段は普通の人なんだけど、

ときには変身して、ちょっとスゴいことができちゃう。

これからは、そんな風に考えてみようかな。

 

どのくらいの頻度で変身するのか(できるのか)。

それは自分の気持ち次第かもしれないし、

求められたときにこそ変身できるのかもしれない。

物語の中のヒーローやヒロインのように。

 

こんな風に書いていると、アニメとか、

娯楽のように思えることからも学べること

(視点など)がたくさんあるなって思った。

 

 

ここまで、ダラダラと書いてきたけど、

この記事を書きながら、その境地に入れたのか?

考えている、なう。

 

うーん。

 

そうだなー。ちょっと入ったり、

出たり、また入ったりって感じだったかも。

どっぷりと、その境地に入った感じではないかも。

 

途中、席を立ってバナナを食べに

行ったりしたし。糖分を求める脳。

 

 

ブログ記事30日チャレンジ

 

そういえば、今、「ブログ記事を

30日1記事3000文字以上」チャレンジをしていて、

この記事で(めでたく)27日目が終了となる。

 

もともとは、毎日書く、みたいな感じだったけど、

途中から、あまり無理はしないこと(妥協)にした。

 

ちなみに、チャレンジ1日目の記事はこちら

書く体力をつけたい、

という思いで始めた、このチャレンジ。

 

チャレンジが終わった後は、小説を、

もう一度書いてみたいという思いがある。

 

このチャレンジを続けていく中で感じたことは、

書く体力をつけることが大切なのは、そのように

一定量のことができるようなると、そこで

(スティーブン・キングが言っているように)

トランス状態(不思議な境地)に入っていける

基盤ができるからではないかと思った。

 

ちなみに、3000文字まで、あと410文字。

はてなブログには、右下に、書いた文字数が表示される。

 

ゴールまでの距離を気にすると、

ゴールまでが遠くに感じられてしまう。

 

それを気にせずに、周りの景色を

楽しみながら進んでいくと、いつの間にか、

こんな所まで来た、って感じになる。

 

「つまらない1分=楽しい1時間」

 

最後は、大好きな名言で。

 

f:id:live-yourlife:20160529191327p:plain

http://avocadu.com/fitness-motivational-quotes/

 

You may not be there yet.  

But you're closer than yesterday.

 

まだたどり着いていないかもしれない。

でも昨日より、ゴールに近づいている。

 

 

最後に

 

「ブログ記事を30日1記事3000文字以上」27日目終了。

残り3日なり。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

関連記事:

【Art of Charm Ep271】フローと幸福感について