読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

家族への最後の手紙

 

f:id:live-yourlife:20160418221838j:plain

http://www.personalitytutor.com/how-to-write-a-personal-letter.html

 

こんにちは、kanataです。

今回は、900通以上の手紙が集められたLetters of Noteというサイトから1通の手紙を紹介したいと思います。(日本語は個人の意訳です)

 

 

もとの英文記事はコチラ

 

米軍一等兵Jesse A. Givensは、イラク配属の数週間後、2003年5月1日に亡くなった。34歳だった。彼の死後、以下の手紙が彼の家族に届けられた。次男Carsonは、父親の死後、5月29日に生を受けた。

 

メモ

Melissaへ

Please only read if I don't come home. Please put it away and hopefully you will never have to read it.

自分が帰らなかった場合にのみ読んでください。それまでは、どこかに、しまっておいて。この手紙を読む日が来ないことを願って。

 

 

2003年4月22日

家族へ

 

I never thought I would be writing a letter like this, I really don't know where to start. I've been getting bad feelings though and well if you are reading this....

このような手紙を書く日が来るなんて、考えたこともなかった。何から書き始めたらいいんだろう。最近、何かイヤな予感がして、もしこの手紙を読んでいるなら、そういうことだよね...。

 

 

I am forever in debt to you, Dakota, and the Bean. I searched all my life for a dream and I found it in you. I would like to think that I made a positive difference in your lives. I will never be able to make up for the bad. I am so sorry. The happiest moments in my life all deal with my little family. I will always have with me the small moments we all shared. The moments when you quit taking life so serious and smiled. The sounds of a beautiful boy's laughter or the simple nudge of a baby unborn. You will never know how complete you have made me. Each one of you. You saved me from loneliness and taught me how to think beyond myself. You taught me how to live and to love. You opened my eyes to a world I never dreamed existed. I am proud of you. Stay on the path you chose. Never lose sight of what is important again, you and our babies.

君たちは、ずっと探し求めてきた、僕の夢そのもの。君たちの人生に、何か良い影響を与えることができたのなら、いいんだけど。自分の不足や欠点に関しては、申し訳ない限り。人生で一番幸せだったときは、すべて君たち家族が関わった時間。家族で共有した、小さな1つ1つの出来事。僕を孤独から救ってくれ、生きること、愛することを教えてくれた。こんな素晴らしい世界があることを教えてくれた。みんなのこと、誇りに思っている。大切なことを見失わず、自分が選んだ道を歩み続けて。

 

 

Dakota, you are more son than I could ever ask for. I can only hope I was half the dad. I used to be your "danny" but no matter what, it makes me proud that you chose me. You taught me how to care until it hurts, you taught me how to smile again. You taught me that life isn't so serious and sometimes you have to play. You have a big, beautiful heart. Through life you need to keep it open and follow it. Never be afraid to be yourself. I will always be there in our park when you dream so we can still play. I hope someday you will have a son like mine. Make them smile and shine just like you. I love you Toad. I hope someday you will understand why I didn't come home. Please be proud of me. Please don't stop loving life. Take in every breath like it's your first. I love you Toad. I will always be there with you. I'll be in the sun, shadows, dreams, and joys of your life.

Dakota(長男)、君のような息子を持てて僕はとても幸せだ。君は、僕に、人生をそんなマジメに考えすぎることはないし、ときには遊ぶことも大切だと教えてくれた。君は、大きくて美しい心を持っている。その心を開き、その心に従って生きてほしい。ありのままの自分であることを恐れないで。君の夢の中で遊ぼう、僕たちの公園に僕はいるからね。将来、君にも君のような素敵な息子ができますように。その子を笑わせてあげ、輝かせてあげてね。大好きだよ、いつか、なんで僕が帰ってこなかったのか分かってくれる日が来るといいな。僕のこと誇りに思って。自分の人生を嫌いにならないで。1つ1つの呼吸を感じて。大好きだよ、いつも君と一緒にいるよ。太陽の中に、影の中に、夢の中に、君の人生の喜びの中に。

 

 

Bean, I never got to see you but I know in my heart you are beautiful. I know you will be strong and big-hearted just like your mom and brother. I will always have with me the feel of the soft nudges on your mom's belly, and the joy I felt when we found out you were on your way. I dream of you every night, I will always. Don't ever think that since I wasn't around that I didn't love you. You were conceived of love and I came to this terrible place for love. I love you as I do your mom and brother with all my heart and soul. Please understand that I had to be gone so that I could take care of my family. I love you Bean.

Bean(次男)、君に会うことはできなかったけど、君はきっと美しい子だと思う。君は、君のお母さんやお兄ちゃんのように強く、心の広い子になるだろう。君のお母さんのお腹越しに感じた君のことを忘れない。君が生まれてくることを知った日の喜びを忘れない。毎晩、君のことを夢見る。君の側にいなかったからと言って、君を愛していなかったわけでは、ないんだよ。君は愛によって生まれた。そして僕は、愛ゆえに、このような悲惨な場所に来た。君のことを、君のお母さんやお兄ちゃんのことを、心から愛しているよ。自分の家族を守るために家族から離れなくてはならなかったことを分かってほしい。大好きだよ。

 

 

I have never been so blessed as the day I met Melissa Dawn Benfield. You are my angel, soulmate, wife, lover, and best friend. I am so sorry. I did not want to have to write this letter. There is so much more I need to say, so much more I need to share. A lifetime's worth. I married you for a million lifetimes. That's how long I will be with you. Please keep our babies safe. Please find it in your heart to forgive me for leaving you alone. Take care of yourself, believe in yourself, you are a strong, big hearted woman. Teach our babies to live life to its fullest, tell yourself to do the same. Don't forget to take Toad to Disney World. I will be there with you. Melissa, I will always want you need you and love you in my heart, mind, and soul. Do me one favor, after you tuck Toad and Bean in, give them hugs and kisses from me. Go outside, look at the stars and count them. Don't forget to smile.

Melissa、君に会った日は、僕の人生の中で、1番恵まれた日だったよ。君は僕の天使であり、ソウルメイトであり、妻であり、恋人であり、親友だ。本当にごめんなさい。このような手紙は書きたくなかった。君に言いたいこと、共有したいことが、もっともっと、たくさんあった。ずっとずっと君の側にいる。僕たちの子どもたちを守ってください。君を1人にしてしまったことを、いつか許してくれるだろうか。自分を大切に。自分を信じて。君は強い、心の広い女性だ。子どもたちが、人生を精一杯生きるように。君もそのように生きてほしい。Toad(長男の愛称)をディズニーワールドに連れて行くのを忘れないでね。僕もついて行くよ。君を求め続けるし、愛し続けるよ。1つお願いがあるんだ。息子たちを寝かしつけるときに、僕の代わりにキスとハグをしてあげて。外に出て、星の数を数えて。笑うことを忘れないで。

 

いつも愛している

君の夫

Jess

 

 

最後に

 

「ブログ記事を毎日30日1記事3000文字」21日目終了。

(今は、2日に1記事のペースで落ち着いています)

残り9日なり。

 

follow us in feedly

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。