something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

どんな風に人生を記録したいですか?

 

f:id:live-yourlife:20160323200255j:plain

A Life Worth Living is Worth Recording: Keep a Journal | Success Praxis

 

こんにちは、kanataです。

ロフトの手帳コーナーって、毎年、

見てるだけで楽しくないですか?

今回は、記録すること、大好きな手帳や、

過去の手帳を振りかえりながら、書きます。

 

いつか、誰かが言ってた。

「自分は旅先で写真は、撮らない」って。

後から、家族や友達に「写真見せて」って言われると、

見せるものがなくて困るんだけど、でも写真を撮るより、

自分の目で見て、その風景を心に刻みたい、

その瞬間を楽しみたい、みたいなことを言っていた。

 

この言葉に影響されて、旅や、どこかに出かけるとき、

カメラのレンズを通して見る時間が減り、

自分の目で周りの風景を見て感じる時間が増えた。

でも、全く写真を撮らないわけではない。

 

記録することばかりに気を取られて

「今を生きること」を忘れてはいけないと思うけど、

 やっぱり記録って大切だと思う。

 

文字の記録であれ、

写真の記録であれ、

声や動画の記録であれ。

 

手帳は、主に毎日のスケジュールを

管理するためのものだけど、使い方は

人それぞれだと思う。アイディアは人の数だけ。

 

「そっか〜、こんな使い方もあるんだ。

面白そう。」って可能性が広がる。

 

 

なぜ記録することが大切なのか?

 

すごく素敵にまとまっている記事を発見。

「初心」を記録する

一番始めに燃えたぎっていたやる気・情熱というのは、

少しずつではありますが確実に弱まって来るものです。

それを再燃させるには、はじめの決意を蘇らせ、

そのときの気持ちを取り戻すことです。

 たしかに。

自分がどんな気持ちで、それを始めたのか。

記録してたら、そのときの気持ちに立ち返りやすい。

 

 

時間は過ぎ去っていくもので、

あえて目を向けることをしなければ、

どんどん浪費していってしまいます。

それを防ぐためにも、時間の記録を取ることは

重要すぎてなりません。時間の記録をとることで、

行動にかかる時間の見積もりが正確になって行きます。

ブログ記事1つを書くのに、

どのくらいの時間がかかるのか、

記録してみようかな。

 

 

「記録」するのは、めんどうくさいです。

記録する対象が増えれば増えるほど

めんどうくささは増し、「いちいちやってらんない!」

ってなっちゃうかもしれません。めんどうくささに

対抗するためにも、記録の大切さを自覚することが

必要なんじゃないかなーとか思ったりしています。

とっても共感!記録するものに、自分なりの

優先順位をつける必要があるように感じた。

何を記録して、何を記録しないのか。

  

 

優先順位をつける

 

記録が大切なのは、その時(記録した時)の事実を

数字などで確認できると同時に、その時の気持ちなども

再確認(気持ちが、よみがえる)することができるからだと思う。

 

でも、記録するものって、たーーくさんある。

読んだ本の記録。映画の記録。旅の記録。

毎日の睡眠、食事、体重、運動、日記、などなど。

キリがない。自分にとって、どれが大切か。

どれが、「やりたい」「続けて記録したい」と思えるものか。

優先順位をつける必要があると感じた。 

 

記録するためのノートを買うのもいいけど、

毎日記録するようなものは、手帳に

記録すると見やすいし、管理しやすい。

 

 

過去3年の手帳

 

ちょうど2年前から、

オレンジエアラインズの手帳を使わせていただいています。

初めて、その存在を知ったのは、2年前(2014年)。

関西国際空港(KIX)内の小さなショップにて。

 

アイボリーの背景に、黒い線で書かれた紙ヒコーキ。

後ろには、筆記体の文字で「Have a nice day」。

一目惚れして、お買い上げです。

 

今は手元にないのですが、こんな感じ

f:id:live-yourlife:20160320182342j:plain

名古屋市の総合雑貨卸|株式会社アクティブ(Active co.,ltd)

 

デザインがシンプルで、気に入っていたので、

次の年も同じもの、もしくは、同じメーカーさんの

別デザインを考えていたのですが、紙ヒコーキの色は、

アイボリーがなくなっていたため(赤、青、黄色)、

別のデザインを買うことにしました。

ひそかに、アイボリー色の復活を希望しています。

 

ということで、2015年の手帳は、コレにしました。

f:id:live-yourlife:20160320184811j:plain

 

そして、2016年は、これ

f:id:live-yourlife:20160320185154j:plain 

前の記事でも書いたけど、どうやら、ここ数年、

青系とゴールドの組み合わせに惹かれるみたい。

 

 

4月始まりの手帳で気になるもの

 

f:id:live-yourlife:20160320190200j:plain

なんか、春って感じで、かわいい。

 

f:id:live-yourlife:20160320190402j:plain

ああ、もう、無条件に惹かれる、世界地図。

 

f:id:live-yourlife:20160320191058j:plain

 この素朴な感じが、好き。

 

 

すべての始まり

 

 記録することや書くことが好きになったのって、

いつだろう?って考えていたら、1冊の本を思い出した。

2009年に出会った本。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

  • 作者: 奥野宣之
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2008/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 28人 クリック: 855回
  • この商品を含むブログ (377件) を見る
 

 

今は、完全版も出ているみたいです。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 

 

 小学校の頃、初めて日記のようなものを買ってもらって、

書き始める頃は楽しいんだけど、続かなかった。

また新しいノートに書き始めるけど、これまた続かない。

 

 「日記」っていうと、その日あったことや、

自分の気持ちを書くだけのものって考えていた。

だから、この本を読んで「すべてを1冊にまとめる」

っていう発想が面白いと思った。「そっか〜、

そんな風に、自由に1冊のノートを使っていいんだ!」って。

 

たしかCampus(A5サイズ)のノートに書き始めた。

当時のアルバイトのシフトをノートの後ろから貼っていって、

表からは、自由に色んなことを書いたり貼ったり、好きなように使った。

 

ふと思ったこと、友達と撮ったプリクラ(なつかしい...)、

映画や美術館などのチケット、買い物をしたとき紙袋とかに

貼ってあるお店のシール、名言、ラクガキ、作ってみた料理のレシピ、

これから読みたい本や映画、本や映画の感想、などなど。

 

1冊のノートを使い終わったとき、

ありきたりな言葉だけど、とても嬉しかった。

 

どんな小さなことでも、

何かをやり切ったって体験は大切だなって思った。

 

 

今、実際に記録していること

 

  • 夢日記
  • 色日記
  • 名言(本、映画、音楽、スピーチなどなど)
  • ブログ記事のアイディア
  • 読んだ本、これから読みたい本
  • TO DOリスト
  • その他、気が向いたら色々

 

夢を記録する

夢と創造性(creativity)にはつながりがあります。

夢日記を読みかえしながらその夢を思い出すことで

普段は使わない脳の部分が刺激され、特にアイディアが

何も浮かばないスランプに陥っているときに役立つでしょう。

 

 

色を記録する

 

「絵日記FREE」アプリで色日記をつけ始めた。こんな感じ。

撮った写真をボカせるのが良い。

f:id:live-yourlife:20160323180637j:plain

 

 

読んだ本、これから読みたい本を記録する

ブログなどで気になる本が紹介されていたら、

ココに「これから読みたい本」として記録している。

気になった本が、その場で記録できるから便利。

同じ本を読んだ人の感想が読めるのも良い。

 

 

これから

 

「すべてを1冊にまとめる」から始まって、

ここ数年の記録の仕方を見ていると、

色々と「分離」してるな〜という印象。

今、この記事を書きながら、徐々にもう一度、

すべてを1冊にまとめる方向性にしたいと思った。

 

1つのブログ記事を書いていく中で、

書き始めた時には、分からなかったようなことが、

書き終わる頃に、何か答えが見えてくるような

ときがあるけど、この感じ、すごく好き。

 

 

最後に

 

 ブログを書くことも記録だな〜って、ふと思った。

「ブログ記事を毎日30日1記事3000文字」8日目終了。

残り22日なり。

 

 

follow us in feedly

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。