読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【ストレングス・ファインダー】5年ぶりにテストを受けて、5つの強みの内、3つが変わっていた話

自己啓発 読書

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

こんにちは、kanataです。

ストレングス・ファインダーのテストをご存知ですか?34の強みの中から、自分の5つの強みを教えてくれるテスト。書店で上の本を目にしたことがあるかもしれない。

  

最近、色んなブログで言及されていて、久しぶりに本棚から取り出して、改めて自分の5つの強みを読んでみたけど、違和感を感じた。「なんか、今の自分と違う気がする...」

 

と、いうとこで。5年ぶりに、もう一度テストを受けてみることにした。

 

 

結論

 

まず結論から書くと、タイトルにもあるけど、自分の強み5つの内3つの強みが変わったのだ。これを多いと感じますか?妥当だと感じますか?少ないと感じますか?私は妙に納得していた。

 

この理由として1番思い当たることは、前回テスト受けたときは、まだ学生で、この5年間で社会に出て、色んな経験をして、色んな人と出会う中で、自分に様々な面で変化があったということ。

 

 

テストを受けるメリット

 

ストレングス・ファインダーのテストを受けたことがない人は、ぜひ一度受けてみてほしい。私が実際に感じたメリットは以下の通り。

 

  • 自分さえも自覚していなかったような、自分の強みを発見することができた。
  • 自分の強みを知り、それを活かした方法を考えることができた。
  • 当時の就職活動に役立った。
  • 自分に自信が持てるようになった。

 

私のように、テストを受けたことがあるけど、前回から時間が経って、自分の強みを読みかえして「なんか違う...」と感じている人にも、もう一度受けてみてほしい。今回、感じたメリットは以下の通り。

 

  • 今の自分の強みを再発見できる。
  • 再発見した強みを人間関係や仕事に活かすことができる。
  • もう一度自分に自信が持てるようになる。

 

 

ストレングス・ファインダー続編

 

デメリットは、テストを受けるために、新品の本をもう1冊買わないといけないこと。これ、少し迷いました。自分の強みが変わったかどうか知りたいけど、全く同じ内容の本(しかも新品)を買うことに躊躇したのです。新品を買う理由は、テストを受けるために、本に書いてあるアクセスコード(1回しか使えない)が必要だからです。

 

でも、色々と調べていると、なんと、続編が出ているではありませんか!書いてある内容も違うみたいだし、わーい、やったーー!!って感じです。 その本がこちら。

 

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

 

 

みんな誰かにとってのリーダー

 

「リーダーシップ」というタイトルに違和感を感じる人もいるかもしれません。私も感じました。でも、ふと思ったのです。会社の社長や部長やお店の店長とかじゃなくても、人はみんな、ある意味でリーダーなのではないかと。

 

会社に入って数年したら後輩ができるようになるし、肩書きはなくても、プロジェクトなど任されるようになるかもしれません。新入社員だとしても、自分が通った母校の生徒からしたら立派な先輩です。親になれば、子供を育て、導くという意味ではリーダーです。年を重ねると人生の先輩と呼ばれるようになるかもしれません。だから、みんながみんな、誰かにとってのリーダーであると思うのです。

 

迷ったら、購入者の意見 も参考になります。

 

 

こんな人に読んでほしい

 

自分について、もっと知りたい

心理テストなどが好きな人

自分の強みを知り、自信を持ちたい

就職活動に活かしたい

会社でプロジェクト・リーダーなどを任されることが増えた人

これから親になる人

 

 

テストの受け方

 

まずは、アクセスコードが付いた新品の本を買います。今から買うのであれば、「ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう」の方をオススメします。なぜなら、前作「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 」に記載されている各強みの説明は、インターネットでテストを受けた後に読める強みの説明と同じものだからです。

 

http://www.strengthfinder.com

にアクセスして「日本語」を選択

本に記載されたアクセスコードを入力してテストを受けます。

 

以前テストを受けたことがある人は注意! 

以前に使ったアカウントと統合するかどうかを質問されたら、統合する方を選択せず、そのままテストに進んでください。万一、統合すると、以前にテストした結果がコピーされて、今回の新しいアクセスコードが無効になります。

 

その他注意点

テストは、35分くらいを要し、1つの質問に対して20秒以内に答えないと自動的に次の質問にいきます。つかれた、平日の仕事帰りの夜などよりも、土日や休みの日で、頭が冴えているときにテストを受けることをオススメします。

 

 

5年で、5つの強みがどのように変わったのか 

 

ストレングス・ファインダーのテストを受けると、上位5つの資質を強い順に教えてくれます。私の場合は以下の通りです。

 

5年前(2011年)

 

1. ポジティブ

2. 社交性

3. 戦略性

4. 親密性

5. 共感性

 

 

現在(2016年)

 

1. 運命思考

2. 共感性

3. 戦略性

4. 最上志向

5. 着想

 

3番目の「戦略性」は変わらず。5番目だった「共感性」は2番目に浮上。あと3つの強みは、選手交代。って感じですね。

 

 

今の5つの強み

 

1. 運命志向

 

偶然に起こることはひとつもありません。あなたはそれを確かな感覚として持っています。あなたは思慮深く、思いやりがあり、受容力があります。人々は皆おなじであると確信しているあなたは、異なる文化を持つ人々の間で架け橋の役割を果たします。みえない力を敏感に感じ取り、平凡な日常生活の中に意味があるという安心感をほかの人に与えることができます。

「異なる文化を持つ人々の架け橋」って所が嬉しいな。そういえば昔、中学生の頃、日本の漫画を英語に翻訳して自分のホームページ(その頃は、まだブログが主流ではなかった)にアップしていたこともあったな〜。いつか、また英語のブログを立ち上げて、日本の文化など発信していくのも面白いかも。

 

 

2. 共感性

 

あなたは周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。あなたは必ずしもそれぞれの人の物の見方に賛成するわけではありません。あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します。

たしかに。 同じ意見や価値観じゃなかったとしても、「受け入れる」っていうことは、私にとって、とても大切なことだと思う。

 

 

3. 戦略性

 

戦略性という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終の目的に合った最善の道筋を発見することができます。これは特異な考え方であり、物事に対する特殊な見方です。

「共感性」と「戦略性」が両方とも自分の強みであることは、なんだか興味深い。だって、なんだか正反対なイメージなんだもん。戦略性が論理的なのに対して、共感性が感情的、みたいな。でも、そんな2つの性質が自分の中にあるってことを知るのも、また面白い。

 

 

4. 最上志向

 

一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。

この性質に関しては、外資系の会社で過ごした日々が大きく影響しているように感じる。自分の良さを見いだし、それを口に出し、何度も私に伝えてくれた上司には感謝している。 

 

 

5. 着想

 

見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。

「好奇心」きたーーー。

うん、なんか納得。だから、こういう記事を好んで書くのかも。

  

 

最後に

 

読んだだけで自分が肯定されたような嬉しい気持ちになれます。自信が足りてないと感じたら、読みかえしたい本。

 

「自分の強みを知ることは、自分の方向性が定まること」「自分の強みを知ることは、より自分らしく生きるためのヒント」そんな風に思えた。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

時間があればコチラもどうぞ。