読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

今よりも10倍速で単語やフレーズを覚える方法

言語

 

f:id:live-yourlife:20160215071454j:plain

 

こんにちは、kanataです。

ゴールドリストメソッドで勉強して1ヶ月以上が経ち、

その最中に感じたことをシェアしたいと思います。

個人的に目からウロコのひらめきの瞬間でした。

ちなみに英語では、このような、ひらめきの瞬間を

「Aha! moment」と言います。

 

ゴールドリストメソッドでは、

ノートに単語やフレーズを25コ書いて、

2週間後ごとに、覚えたもの、難しすぎるもの、

普段ほとんど使わなさそなものなどを省いていく。

25→(2週間後)→17→(2週間後)→12→(2週間後)→9みたいな感じ。

 

詳しいノートの作り方はコチラ。

 

途中で思ったことは「おかしい、なんか、

ちゃんと覚えている気がしない」ということ。

でも、ちょっとした工夫をしたことで、

事態は劇的に変わったのでした。

 

それは、感覚を通して単語やフレーズを覚えること。

 

 

「Apple=りんご」で覚えようとしない

 

つまり目の前の単語やフレーズを

日本語と結びつけて覚えようとしないこと。

2つの記事を思い出した。

 

1つは、かずーいさんの記事。

その単語のもつイメージをつかむ。

このときちゃんと単語が持つイメージが

じわっと脳にわいてくるのを感じてくださいね。

それがなかった場合は焦らずに

またイメージ作りの段階に戻りましょう。

 

もう1つは

もちろん初めは、基礎がないから辞書を引いたり、

日本語と照らし合わせて学ぶが、その後は

できるだけ日本語から訳さないように心がける。

 

以前このようなことがあった。

ポルトガル語で「今日は何曜日?」と聞かれて、

「えーっと、今日は水曜日だからquarta feira だ。」

と導き出そうとしていたら、頭の中で水曜日が

出てくる前にquarta feira が先に出てきた。

 

日本語を経由するより、その方が早いじゃん!って

自分の脳に言われているような不思議な感覚だった。

 

日本語で「じゃあ、今日は水曜日と呼びましょう」

とした日がポルトガル語では「quarta feira」となっただけ。

他の単語も同じで、同じものでも

言語や国ごとに違う言い方をしているだけ。

 

 

留学すると感覚を通して言語を学ぶことができる

 

ふと思った。現地でその言語を学んでいる人は、

毎日、このように感覚を通して学んでいるのではないだろうか、と。

別の言い方をすると、「英語脳」になること。

 

例えば、アメリカ留学して、

学校に行くバスに乗り遅れそうな時、友達が

「Hurry up, we're gonna be late!」と言ったとする。

 

意味は「急いで、遅れちゃう!」だけど、

その瞬間、バスに乗り遅れないために走っている。

自分の身体がその瞬間を記憶する。何かに遅れそうな時、

こういう時に「Hurry up」って声をかけるものなのだと、

感覚的に覚える。

 

さまざまな体験をくり返し、色んなシチュエーションや

言葉のニュアンスなどが自分の中に蓄積されていく。

 

ちなみに、帰国子女とかに

「この英文は、なんでこういう意味になるの?」って聞くと

「上手く説明できないけど、なんとなく、そうなるんだよ」

みたいな返事が返ってくるのは、

「この文は第五文型だ」

というように英語を学んだのではなく、

感覚で学んだ部分が大きいからではないだろうか。

 

このような理由もあり、

現地に行くと学ぶスピードは圧倒的に速くなる。

 

でも現地に行かずとも、意識して、

感覚的な学習を取り入れることができる。

 

 

実際にやってみよう

 

例えば今回学んだ中国語「甜」Tián

 

日本語では「甘い」という意味だけど、

「甜=甘い」と覚えるのではなく、

「甜」という単語を見た瞬間、

「Tián」と声に出して言う瞬間に、

例えばイチゴのショートケーキを食べる所を想像する。

 

その場面の味覚を「甜」とつなげて覚える。

そして実際にケーキを食べることがあれば、

口に入れて「甘い」と感じる瞬間に「甜」と結びつける。

 

実際にやってみると、自分の中に、

いつもと比べて、その単語が自然に

スーッと定着するような不思議な感じがした。

 

はじめは、慣れていないと難しく感じるかもしれない。

でも続けていると習慣化されて自然とできるようになる。

 

あ、あと、もう1つ。これのメリットは、

想像力が鍛えられることだと思う。

 

 

最後に

 

「え、そんなの、もう知ってるし、やってるよ」

という人がいたら、ごめんなさい。自分にとって、

新しい角度からの発見だったので、同じように、

他の誰かの何かの気づきにでもなれば、

と思って書いてみることにしました。

 

例えば、アメリカにおれば、

まわりは英語を話す環境。

特に意識せずとも自然に英語脳になり、

感覚で英語を学べるでしょう。

 

でも日本で英語を学ぶ場合など、

意識して、この感覚学習を取り入れ、

英語脳になる必要があると思うのです。

 

自分の場合でも、小学生の頃カナダにいたときは、

感覚的に(いちいち日本語に訳さずに)

英語を学んでいたはずなのに、今、

中国語を学習しようとすると、単語帳に

「甜」Tián → 「甘い」 とか書いてあると、

何も考えずに、そのまま覚えようとしていた自分がいた。

 

この方法が自分に合うか合わないか、

自分で試してみて決めてほしい。

 

この前観た「セブン・イアーズ・イン・チベット」

という映画の中で、アイススケートの靴を

「肉を切るための道具だ」って

チベットの人が言っていたのを思い出す。

 

極端な例だけど、

自分の言語学習について、

創造的になりたいと思った。

 

一応のガイドラインはあっても、

最後は、人の数だけ、ひと味違った

言語学習法(教材の使い道)があっていいと思う。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

下のボタンからシェアしていただけると喜びます。

時間があればコチラもどうぞ