something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

映画「食べて、祈って、恋をして」に学ぶ人生教訓11選

 

f:id:live-yourlife:20160125204628j:plain

 

こんにちは、kanataです。

今回は、当ブログで1番アクセス数が多い記事をリライトしたいと思います。

その際、映画「食べて、祈って、恋をして」をもう1度観ました。

 

この世の中には多くの情報や消費するコンテンツがあふれているし、

たくさんの情報を一気に消化する必要があるときもあるかもしれないけど、

自分が大好きなものを、ゆっくりと味わう時間も大切だなって改めて感じました。

 

 

いい本を見つけて、100回繰り返して読みましょう。

100回とも発見があるような深い本とじっくりつきあえば、

多くを学べます。

100の基本
松浦弥太郎のベーシックノートより

 

 

自分の頭ではなく、心を通して世界を見てみよう

 

「考えるな、感じろ」とか、言葉にすると簡単だし、

なんとなく言わんとしていることは分かるけど、

これをどうやって生活の中で実践できるのかな?

って思って調べて考えてみた。

 

自分の偏見やフィルターを通して世界を見たり、

相手の持っている資格や物質的なものや肩書き(ステータス)などで

相手のこと見たりするのではなく、心を通して見る。

 

この心の目を開くためには、瞑想や

1人で自分の心と時間を過ごすことが必要。

 

色々と調べて行く中で、

今読んでいる本の内容に通じるものが多いと感じた。

 

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

  

頭ではなく心を通して世界を見ることができたら、

そこは全く新しい別世界のよう。この本には

生活の中で実践できることが具体的に書かれていて、

実際にやってみると(自分の心のクセを変えることは)

難しいなって感じる時もあるけど、少しずつでも

実践していくと、変化が感じられる。

 

普段から自分の雑念やネガティブな思考や感情に

悩まされている人には、ぜひ読んでほしい1冊です。 

 

 

神頼みする前に行動しよう

 

イタリアの冗談に次のようなものがある。

貧しい男が毎日教会に行きお祈りする。

「神様、どうか、どうか、どうか、宝くじが当たりますように」

見かねた神様は遂にこたえた。

「息子よ、どうか、どうか、どうか、宝くじを買っておくれ」 

 

願うことも大切だけど、そもそも行動しないと何も始まらない。

リズ(主人公)は、イタリア、インド、バリ行の航空券を3つ買って旅立った。

 

 

f:id:live-yourlife:20160125204522j:plain

 

何もしない、よろこび

 

イタリア語「Dolce Far Niente」

英語にすると「The sweetness of doing nothing」

日本語にすると「何もしない、よろこび」

 

実際にできること:テレビを消す。スマホから離れる。

1人のゆっくりと流れる時間を楽しむ。

「何もしない」と言っているけど、

映画の中では美味しそうな朝食を作って食べているシーンだ。

 

「何もしない」と言っているけど本当に何もしないわけではなさそう。

イメージ的には、美味しいコーヒーを片手に大好きな本を読みながら

時間を過ごしたり、散歩したり、1人で美味しいものを食べたり、

とにかく騒がしい世の中と距離を置き、1人でゆっくりと過ごす時間をもつこと。

 

 

ただ自分だけのために

 

気がついたら、家族のためにとか、

友達のためにとか、会社のためにとか、

そればかりで1日が終わっていませんか?

 

自分のために時間を使う、

自分のためにお金を使う。

自分を大切にする。

 

「誰のために、このドレスを買うの?」というリズに対して

「自分のために買うんだよ」とソフィが言う。

 

 

f:id:live-yourlife:20160125203129p:plain

 

壊すことで新しい自分が生まれる

 

変化や何かが崩れさることを恐れて現状維持をしない。

勇気を持ってその一歩をふみ出す。しがみつかない。

手放す。崩れ去った、歴史の中で様々な変化を遂げて、

そこに、たたずむローマの遺跡を前に色んなことを感じるリズ。

 

 

気持ちの断捨離をしたら、その空いたスペースに想像を遥かに超えた愛が流れ込んでくる

 

If you could clear all that space in your mind,

you'd have a door way.  And you know what

the universe will do with that door way?  

God, rush in and fill you with more love

than you'd ever dreamed of.

 

流れない水は腐っていく。

過去の執着や気持ちを手放してこそ、

新しい何かが流れ込んでくる。

 

 

毎日、着る服を選ぶように自分の考えを選ぶ

 

自分の考え方、見方、思考をコントロールする。

雑念にとらわれ1日をムダにしない。

同じ1つの出来ごと、2つの考え方。

どちらの考え方を選ぶかは自分次第。

 

You have to learn to select your thoughts

the same way that you select clothes everyday.

 

 

f:id:live-yourlife:20160125201806j:plain

 

相手に許してもらうのを待つのではなく、自分で自分を許してあげる

 

「離婚した夫に許してもらい、解放されたい」というリズに対して

「相手に許してもらうのを待つのは時間のムダだ」と言われる。

 

Forgive yourself.

Everything else will take care of itself.

 自分自身を許してあげよう。

あとは、自然と解決される。

 

 

過去のことは、思い出す度に感謝し、そして手放そう

 

So miss him.  

Send him some light and love every time you think of him, then drop it.

前の彼氏が恋しくて忘れられないと言うリズに対して

「恋しく思えばいい。彼のことを思い出す度に、

彼に対して感謝の気持ちを送って、そしたら手放せばいい」

 

恋愛関係だけでなく、ふとした瞬間に思い出す

過去の色々な思い出に対して実践できる考え方。

過去を生きるのではなく、今を生きるために。

 

 

f:id:live-yourlife:20160125201453j:plain

 

傷ついた心は、何かのために努力した証拠

 

離婚で心に傷を負ったフィリペに対してバリの占い師が言った言葉。

It's ok to have broken heart.  

Broken heart means you have tried for something.

傷ついた心を持っていても大丈夫。

何かのために努力した証拠だから。

 

Believe in love again.

もう1度、愛を信じてみよう。

 

 

f:id:live-yourlife:20160125202255j:plain

 

ときとして、恋愛において調和が保てなくなることは、ごくごく自然なこと

 

どうしてフィリペとの恋を終わらせたのか聞かれて、

リズは「自分のバランスを保てなかったから」とこたえる。

それに対するバリ占い師の言葉。

 

Sometimes, to lose balance for love is part of living balanced life. 

ときとして、恋愛においてバランスを失うことは、調和ある人生の一部だよ。

 

 

最後に

 

あなたも、主人公と一緒に、

美味しいものを食べて、瞑想して、もう一度恋をしませんか?

 

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

 

  

食べて、祈って、恋をして (名作映画完全セリフ集―スクリーンプレイ・シリーズ)

食べて、祈って、恋をして (名作映画完全セリフ集―スクリーンプレイ・シリーズ)

 

  

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書

  • 作者: エリザベスギルバート,那波かおり
  • 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン
  • 発売日: 2009/12/17
  • メディア: 単行本
  • 購入: 5人 クリック: 25回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る
 

 

Eat Pray Love: One Woman's Search for Everything

Eat Pray Love: One Woman's Search for Everything

 

 

 

  

follow us in feedly

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

時間があればコチラもどうぞ