読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【中国語学習】私も始めてみたゴールドリストメソッド

 

f:id:live-yourlife:20160104005818j:plain

 

 

こんにちは、kanataです。

早速、今日から始めたゴールドリストメソッドと現在の中国語学習について書いていきたいと思います。

 

ゴールドリストメソッドの具体的な学習法はこちらがとても分かりやすくまとまっています。

 

この記事を読んで思い出したのは、この前書いたインプットとアウトプットの記事。

 

言語学習を続けていく中で感じたことは、インプットには2種類あるということ。1つは、映画、ドラマ、音楽、ラジオ(Podcast, TuneIn Radio)、TEDカンファレンス、YouTubeなどで その言語に大量に触れること。もう1つは、単語帳やフレーズ集で学んでいくこと。前者はたくさんの量(その言語のリズム、パターンやニュアンス)に触れることが目的で、後者は単語やフレーズを確実に1つ1つ学んでいくことが目的。

 

後者を「突破口を1つ1つ増やしていくこと」だと勝手に呼んでいます。単語やフレーズを確実に覚えると言語の海の中でその単語やフレーズだけが浮き上がってくる。そうすると今度はそれに関連する単語やフレーズを学ぶ足がかりとなる。次につながる突破口となる。

 

 

この突破口を1つ1つ増やしていくインプットとしてゴールドリストメソッドを取り入れ、もう1つのインプット(その言語に大量に触れること)として引き続き華流ドラマを見ていこうと思います。ちなみに今は「シンデレラの法則」をもう1度1話目から見ています。見ているというよりか、パソコンで再生してラジオのように聞き流しながら他の作業をしています。ながら作業は良くないと言われますがどうなのでしょう。とりあえず気づいたことは、1〜30話まで学習した単語やフレーズが、そこだけ浮き上がってくるように聞き取れるのです。(ながら作業中に。)不思議な感覚です。

 

これにゴールドリストメソッドを取り入れたら素敵な相乗効果が期待できそう。続けていきながらまた報告しようと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

時間があればコチラもどうぞ。

同時通訳者の英語ノート術&学習法

同時通訳者の英語ノート術&学習法

  • 作者: 工藤紘実
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2014/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

全くダメな英語が1年で話せた! アラフォーOL Kayoの『秘密のノート』 とことん初級編

全くダメな英語が1年で話せた! アラフォーOL Kayoの『秘密のノート』 とことん初級編

  • 作者: 重盛佳世
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2014/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

mini版 たった1文からトコトン学べる 私の英語ノートを紹介します。 (アスコムmini bookシリーズ)

mini版 たった1文からトコトン学べる 私の英語ノートを紹介します。 (アスコムmini bookシリーズ)

  • 作者: 石原真弓
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2010/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)