読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

外国語を学ぶための12のルール

言語

 

もとの英文記事はこちら↓

12 Rules for Learning Foreign Languages in Record Time — The Only Post You’ll Ever Need

 

世界には多言語に精通している「polyglotと呼ばれる人たちがいる。

上の記事を書いたBenny Lewisもその1人。

彼が紹介する12のルールを日本語でまとめてみた。

 

  

1. 正しい言葉を正しい方法で学ぶ

例えば英語だと、英文の65%は300の単語で構成されている。実際の会話や文章の中で頻繁に使われる単語や表現は限られている。要するに頻出単語やフレーズから、効率的に学んでいきましょう、と。

 

 

2. 語源が同じものを学ぼう

日本語だと音読み漢字の言葉は、発音も意味も中国語と韓国語に似ている。

 

<例>

感情

日本語:かんじょう

中国語:カンジン

韓国語:カムジョン

 

英語だとラテン語を語源とするヨーロッパの言語と共通点がいくつかある。

 

 

3. 海外に行かずして、その言語に日常的に触れよう

Youtubeで学んでいる言語の動画を見る。

インターネットで学んでいる言語のニュース記事やブログを読む。

TuneInアプリで学んでいる言語のラジオを聞く。

 

 

4. スカイプで、学んでいる言語を実際に使ってみよう

留学時代の友達とのスカイプやオンラインレッスンのレアジョブ英会話 などで実践、実践、実践。

 

 

5. 無料のサービスやアプリを使おう

DuoLingogoogle翻訳Lang8などの無料サービスやアプリを駆使して言語を学習しよう。

 

 

6. 言語を学び始めるのに遅すぎることはないと心得よう

子供の頃のように柔軟に新しい言語を学ぶことはもうできない、という先入観から抜け出そう。

 

 

7. 単語やフレーズをイメージと結びつけて覚えよう

自分で何か面白いイメージを考えてもいいし、memriseアプリを使ってイメージと単語を関連づけながら覚えてもいい。

 

 

8. 失敗を受け入れる

完璧を求めるのではなく、意思疎通できる(コミュニケーションを取る)ことを目的として学んだ言語を使っていく。

 

 

9. SMARTな目標設定をする

 Specific: 具体的な

Measurable: 計測可能、数字になっている

Attainable: 達成可能かどうか

Relevant: 価値観に沿ったものか

Tome-bound: 期限がついているか

 

このような目標を設定しよう

 

 

10. 日常会話レベルからもう一段階ステップアップしよう

上級を目指す人向けのアドバイス。

日常会話がある程度不自由なくできるようになったら、自分のコンフォートゾーンを抜け出して、もう一つ上の段階を目指そう。(ニュースや時事問題など色々な話題について、どのような考えを持っているかなど、話し合うことのできるレベル。)

 

 

11. ネイティブのように振る舞おう

発音やイントネーション、歩き方や手の動きなどのジェスチャーまで、ネイティブを観察し、そのように振る舞おう。

 

 

12. 多言語に通じた自分になろう

ここで紹介した学習法や、その他、多言語に精通している人の学習法(自分に合ったもの)を何度も何度もくり返し、1つ1つの言語を習得していこう。

 

 

関連記事:

言語を学ぶときに大切なこと5つ - 2022年までに10ヵ国語学ぶブログ

洋書で言語学習するときのポイント10 - 2022年までに10ヵ国語学ぶブログ

言語を学ぶ2つのステップ - 2022年までに10ヵ国語学ぶブログ

自分だけのオリジナル言語学習法 - 2022年までに10ヵ国語学ぶブログ

自分だけの野菜炒めを作るように、自分だけの学習法をアレンジする - 2022年までに10ヵ国語学ぶブログ