something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

【TEDカンファレンス】何かを決めることも文化によって違う

 

TEDカンファレンス面白い!

 

今回見たのはこれ↓

www.ted.com

 

プレゼンの出だしは、京都のカフェでの出来事を面白おかしく話していた。アメリカと日本の文化の違いが興味深かった。

 

 

緑茶を注文して、「砂糖もください」と言うと、

店員さんは「緑茶には砂糖を入れるものではありません」。

 

日本では通常、緑茶に砂糖を入れないものだと知っていたけど、自分の飲む緑茶には砂糖を入れて甘くしたかったそうだ。

 

少し待たされたあと、店長が出てきて「すみません、砂糖はありません」と言われた。「じゃあコーヒーをお願いします」と注文するとすぐに運ばれてきた。

 

ソーサーの上には砂糖が2本置いてあったそうだ。

 

笑ってしまった。

 

 

スピーカーのSheena Iyengarさんは、アメリカと日本の「選択すること」に対する認識の違いについて話していた。

 

This was due to a fundamental difference in our ideas about choice. From my American perspective, when a paying customer makes a reasonable request based on her preferences, she has every right to have that request met. From the Japanese perspective, it’s their duty to protect those who don’t know any better.

 

American paradigm requires that everyone treat choice as a private and a self-defining act.

 

 

アメリカでは、選択すること、何かを決めることは「個人」がすることであり、1人1人のアイデンティティーにつながるもの。

 

日本では「和」を大切にするので、何かを決めることは皆でするもの、もしくは信頼できる誰かが自分の代わりにするもの。

 

アメリカでも、日本でも、すべての人やすべての状況で、そうとは限らないけど、そのように認識する傾向がある。

 

 

まとめ的な感想

1つ1つの文化には長所があり、短所がある。ときとして、あるいは人によって、何が長所で何が短所であるのかが変わってくる。例えば、誰かに出会って(もしくは本を読んで)、この人の考え方ステキだな~って思ったら、その考え方を自分の中にも取り入れる(影響を受ける)。それと似たような感じで、「文化」ともつきあっていきたいな。

 

The Art of Choosing

 

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫)