読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

人ごみの中を歩くように、自分の目的地までの道を行く

自己啓発

 

f:id:live-yourlife:20160113220909j:plain

 

東京の人ごみの中で、人にぶつからずに歩けるようになった。この前ふと思った。人ごみの流れに乗って、周りの人と同じ方向に歩いていくことは簡単。でも、自分が行きたい方向に行くために、人ごみを横切らないといけなかったりするときは難しい。

 

最近、自分なりのコツを見つけた。自分がたどり着きたい場所まで、自分が歩く道を一直線に思い描き、その通りに行く。そうすると大体の場合その通りにたどり着ける。人ごみの中の人が、1人ずつ少しずつよけてくれて、道が開ける感じ。自分が思った通りに人ごみの流れを横切れたとき、ちょっとした達成感がある。

 

それが上手くいかないときは迷っていることが多い。1つ以上の道が見えて、迷う。この人の前を行こうか、後ろを行こうか、左か右か。そんなことを考えている間にも多くの人が目の前を忙しなく歩いていく。あわわわわ。ひどいときは、そのまま流れにのみ込まれてしまう。

 

これを言語学習に置き換えて考えてみると、自分の目的地、自分が今どこに向かっているのかが明確であることが大切だと感じた。会話ができることが目的なのか、日常会話か、ビジネス会話か、本が読めるようになりたいのか、人前でプレゼンできるようになりたいのか、手紙が書けるようになりたいのか、ビジネスメールが書けるようになりたいのか。

 

きっと自分の目的地までの道のりは、人ごみの流れにのっているようにスムーズなときもあれば、人ごみを横切ったり、反対方向に行くようなときもある。でも、ときには遠回りしたり、反対方向に流されるようなことがあったとしても、自分が自分の行きたい場所を知っていて、そこに向かって歩き続けるなら、いつかはたどり着ける。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

時間があればコチラもどうぞ。

live-yourlife.hatenablog.com

 

live-yourlife.hatenablog.com