読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

2020東京オリンピックに向けてどんどん増える外国人観光客に、これだけは言えるようにしたいよね。

文化 言語

 

f:id:live-yourlife:20160113223031j:plain

 

道に迷っているようだったり、何か困っているようだったら。

“Can I help you?”

(何かお困りですか?)

これだけは、言えるようにしたい。

 

あと、別れるときに。笑顔で。

“Hope you enjoy your stay in Japan.”

(日本での時間を楽しんでください)

このようなことも簡単に言えたらいいと思う。 

 

この前の出来事。

仕事が終わって帰宅途中、「すみません」と声をかけられた。その瞬間わたしは、情けないような、悔しいような、恥ずかしいような思いがした。なんで向こうから声をかけてくるまで待っていたんだ、わたし。とツッコミをいれたかった。声をかけられる前から困っていたのは分かっていた。

 

"We're going in the wrong way."

(間違った方に行ってるよ〜)

 

"Really?"

(本当?)

 

"Yeah, we ARE going in the wrong way."

(本当だ、間違った方に行ってる)

 

わたしの後ろを歩く家族連れから、このような会話が聞こえてきた。東南アジアかインドあたりの人が話す英語のなまりのように聞こえた。もうこの時点で、ふりかえって、"Can I help you?" と言えばよかった。

 

更に、お母さんらしき人が、"Should we ask her?" (彼女に聞いてみる?) と言っている。あぁ、きっと私のことを言っているんだろうな、と思いつつ、この時点でもこちらから声をかけられず、結局向こうから「すみません」と声をかけられた。

 

「このレストランどこにあるか、分かりますか?」(英語)と聞かれたが、正直そのレストランのことは分からなかった。でもグーグルマップで一緒に見たりして(マップには徒歩5分と書いてあった)、来た道を少し戻って左に行くよう伝えた。その言葉が英語でパッと出てこなくても大丈夫。"That way" (あっち)と言って、手で方角を示してあげるだけでもいい。もし"That way"が出てこなくても、日本語で「あっち」と言って手で方角を示してあげたらいい。

 

そして別れた後に、「あ、”Hope you enjoy your stay in Japan.”くらい言えばよかった」と思った。今度、同じようなことがあったら、最後にこの一言を伝えたいな。あ、あと、”What country are you from?”(どこの国からいらっしゃったんですか?)も聞きたかったな~。今度会った人には聞いてみよっと。

 

"Can I help you?"って聞いたのに、相手が言ってることが分からなかったらどうしよう。結局何もしてあげられないんじゃなだろうか。と心配してしまうかもしれない。でも、最悪分からなくても、相手のために何かしてあげたい、という気持ちだけでも相手には伝わる。

 

イタリアに1人で旅行に行った友人が言っていた。目的地の近くまで来ているのにたどり着けない。道行くイタリア人に英語でたずねる。みんなとてもフレンドリーで、あっちだよ、そっちだよ、こっちだよ、とこたえてくれる。でもみんな適当...。友人は、目的地周辺を30分くらいさまよった末にようやくたどり着いた。わたしもインドで似たような体験をした...。

 

それでも、自分にとって全く馴染みのない土地で、誰かが一緒に考えてくれたり、助けてくれようとしてくれる、その気持ちだけでも嬉しいよね~、と友人と話していた。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

時間があればコチラもどうぞ。

live-yourlife.hatenablog.com

 

live-yourlife.hatenablog.com