読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

幼児期からしたい英語学習3つ

 

自分自身のことも振りかえって考えた。幼児期からしたい英語学習3つ。

 

1.音楽を聞く

 

日本で生まれて日本で育ったにも関わらず、英語の発音が上手な人に聞くと、だいたい小さいころから英語歌詞の音楽を聞いていたり、ディズニーチャンネルなどを見ていたという答えがかえってくる。発音に関しては、子供の頃から英語を耳にすることが大切。

 

2.歌う

 

音楽を聞くと、自然に歌って踊りだしたくなる子がほとんどだろう。ある知人の子供は、4歳でディズニーアナと雪の女王主題歌を英語で歌っていたが、発音がとてもキレイだった。歌は子供にとって記憶に残る。自分自身、4歳で一度日本に帰国した際に3カ月で英語を話さなくなったと母が言っていた。でも「メリーさんの羊」という歌だけは、キレイな発音で歌っていたそうだ。

 

3.親が英語で毎日、子供に話しかける

 

毎日、と書くとちょっと大変なような気もするが、1日1フレーズからだと始めやすい。例えば朝の挨拶「Good morning」を毎朝子供に言う。これだけ。このとき自分の発音を気にする必要はない。毎日続けていく中で、自分のペースで英語で話しかける回数を増やしていく。(無理に増やす必要はない)例えば今度は、「Are you hungry?」「お腹すいてる?」などと英語で聞いてみるようにする。1日にたった1フレーズ、2フレーズだけじゃないか、と思うかもしれない。でも、この小さな毎日の積み重ねが、大きな違いにつながる。続けることが大切。英語で子供に話す回数をもっと増やしたいと思えば、増やせばいいし、少ない回数でも自分が続けられることが大切。

 

生活の中で子供との会話で使える英語のフレーズを簡単にまとめてみた。

 

Good morning

おはよう

 

Did you wash your face?

顔洗った?

 

Did you brush your teeth?

歯みがきした?

 

Are you hungry?

お腹すいた?

 

Let’s go outside.

外に行こう

 

Let’s go to the park.

公園に行こう

 

What happened?

どうしたの?(何が起こったの?)

 

Do you like it?

それ好き?

 

Are you sleepy?

眠たい?

 

Good night

おやすみ