読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

カフェで言語学習する方法2つ (隣りの席にネイティブがいる場合)

韓国語 言語

 

カフェでなくても、電車の中などでネイティブが会話をしている場合。
 

1.会話全体を聞く

まだ語彙力や文法などの基礎知識がないなら、その言語の会話のリズムやテンポなど、雰囲気をつかむことから始めよう。
 
 

2.会話の中から単語やフレーズをひろっていく

聞き取れた単語やフレーズをノートかスマホにメモっていく。そのときに、その単語やフレーズに込められたニュアンスも感じとる。「あぁ、こういうシチュエーションで、こういうイントネーションで、こういう表現が使えるんだな〜」みたいに。同じフレーズでも会話の中で、違うニュアンスで使われることは、よくある。これは、辞書やテキストでは学べない。
 
 
この前、カフェで読書をしていたら、隣に座っていた女性2人が韓国の方で、ガールズトークをしていた。
 
カフェなどで、自分が学んでいる、もしくは学んだことのある言語の会話が聞こえたら、耳をダンボにして聞くことをオススメしたい。リアルな会話で使われているリアルな表現のオンパレードだ。日本でそんな状況に遭遇できたら、とてもラッキーだと思う。
 
現在留学中の方は、是非1人でカフェに行き、隣の人の会話を聞いてもらいたい。
 
やはり、言語は筋肉と似ていて、ちゃんと使っていないと、衰えてくる。長い時間と労力をかけて学んだものを1日で忘れたりはしないが、定期的に実践する(読み、書き、聞く、話す)ことが大切だと感じた。
 
 
以下は、今回リスニング(盗み聞き)をして聞き取れた表現たち。
 

있잖아 〜 (イッチャナ〜)

あるじゃ〜ん、(あれ、あれ)
文のはじめにも、おわりにも使える

어떤 식으로? (オットンシグロ?)
どんな感じで?、どんな風に?
 
싫으니까 〜 (シルニカ〜)
何々は嫌だから〜、嫌いだから〜
 
이해 안가 (イヘアンガ)
理解できない
 
진짜? (チンチャ?)
本当?
 
설마〜 (ソルマ〜)
まさか (そんなことは、ないでしょ〜)
 
할말이 있어 (ハルマリイッソ)
言いたいことがあるの
 
 
注) すべて友達など、親しい仲で使える表現。目上の人には使えない。
 
女性の会話だからだと思うが、語尾をよく伸ばしていた。かわいく聞こえた。