読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

20歳のときに知っておきたかった名言10

 

以前、途中まで読んで本棚にしまっていた洋書 What I Wish I Knew When I Was 20(20歳のときに知っておきたかったこと)を、また読みたくなって、一気に最後まで読んだ。以前は途中まで読んで、お腹いっぱいになった感じだったけど、自分に必要なときに、必要なものが欲しくなるんだなって感じた。

 

最後のページを読み終わったあと、しばらく余韻が残っていた。

 

「そっかぁ、そんな考え方もあるんだ...。はぁ...。」ちょっとした新しい発見ではなく、この本を読みながら、既成概念が吹き飛ばされていく感覚が何度もあった。

 

特に感銘を受けた箇所を10箇所、選んでみた。

下記の日本語は英文の要約だったり、個人の感想だったり。

 

 

Why don't most of us view problems as opportunities in our everyday lives?  If you study each situation with an eye for improvement, you will find countless opportunities.  It is then up to you to decide if you will put yourself in the position to take on that challenge. 

 問題やトラブルは、チャンスや何か良い機会。で、その問題に取り組む(挑戦する)かどうかは、自分が決めること。

 

 

Rules are often meant to be broken.  This idea is captured in the oft-used phrase "Don't ask for permission, but beg for forgiveness."

 ルールにこだわったり、縛られたりせず、もっと自由に発想してもいいんじゃないかな。

 

 

This is true for everyone.  Don't be in a rush to get to your final destination--the side trip and unexpected detours quite often lead to the most interesting people, places, and opportunities.  And, finally, be wary of all carrer advice, including mine, as you figure out what's right for you.

自分の目的地にたどり着くことを焦らない。寄り道や遠回りをしたからこそ、出会えた人や経験できたことが、たくさんあるはず。で、色んな人が、色んなアドバイスをするけれど、盲目的にすべてを受け入れるのではなく、何が自分に合っているのか、自分で判断していく。

 

 

Dana's story shows that by seizing all the opportunities around us, we can slowly but surely pull ourselves from stage to stage, each time drawing ourselves closer to our final objective.

 なんか、「わらしべちょうじゃ」みたい。今あるもの(機会)を大切にして、何か工夫して、前に進んでいくと、次のステージにいって、自分が思い描く場所に近づいていく。面白い。

 

 

You aren't going to like everyone and everyone isn't going to like you, but there's no need to make enemies.

 すべての人を好きになることはできないし、すべての人に好かれることもできない。でも、むやみに敵をつくる必要もない。確かに。

 

 

Protect and enhance your reputation--it's your most valuable asset and should be guarded well.

「自分」というブランド(評判)を大切に育て、傷がつかないよう、大切にしよう。

 

 

But the truth is, we're either doing it or not doing it.  You need to come to terms with the fact that if you really want to accomplish something, it's up to you to do so.  Make it a high priority or drop it from your list.

やるか、やらないか、ただそれだけ。

 

 

It's incredibly easy to get locked into traditional ways of thinking and to block out possible alternatives.  For most of us, there are crowds of people standing on the sidelines, encouraging each of us to stay on the prescribed path, to color inside the lines, and to follow the same directions they followed.  But it can also be severely limiting.

 今まで人が通ってきた道を同じように行ったり、その枠の中におさまることは楽だけど、可能性が激しく制限される。

 

 

Reflecting on his life, my father determined that his most important insight is that you shouldn't take yourself too seriously nor judge others too harshly.  He wishes he had been more tolerant of mistakes he made and those made by others, and that he could have seen that failure is a normal part of the learning process.

 自分に対しても、他の人に対しても、厳しく批判したりしない。自分の過ちに関しても、相手の間違いに関しても、もっと寛容になる。失敗は、成長のプロセスで必要不可欠なもの。

 

 

I wish someone had told me to embrace that uncertainty.  As the stories in this book demonstrate, the most interesting things happen when you get off the predictable path, when you challenge assumptions, and when you give yourself permission to see the world as opportunity rich and full of possibility.

不確かなものを恐れない。不確かなものを大切にする。 先が見えない道を進むとき、あたりまえじゃないことに挑戦するとき。そんなとき、何か素敵なできごとに巡り会える。

 

 

What I Wish I Knew When I Was 20

What I Wish I Knew When I Was 20

 

  

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/08/31
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 3人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

では、では、

今日もいい日になーーーれ

 

follow us in feedly

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

こんな記事も書いています。