読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

第二外国語を選ぶときのポイント2つ

言語

 

1.その言語を使って自分の興味があることをできるかどうか

「空手に興味があるから、空手の教本を使って日本語を勉強している」と言っていた人がいた。空手についても日本語についても学べて一石二鳥だ、と。

 

確かに~。

 

例えば、

大好きな作家の著書を原書で読みたい。

大好きなスポーツ選手の自伝を、その選手の話す言語で読みたい。

大好きな俳優、ミュージシャン、芸術家のインタビューをその言語で理解したい。

自分の興味がある分野の文献が日本語に翻訳されていない。読みたい。

自分が勉強したい分野をより深く学ぶために必要な言語。

 

それは何語なのか?

 

 

2.その言語圏の文化に興味がもてるかどうか

言語は文化に、文化は言語に影響されている。それぞれの文化と言語には特徴がある。新しい言語を学ぶたびごとに、新しい自分に生まれ変わる。どのような新しい自分に出会いたいのか。その言語を話す人が、みんな同じとは言えないが、似たような性質がある。この言語(文化)の陽気な感じが好きだな。この言語(文化)の冷静な感じ好きだな。みたいに。

 

例えば、日本語で話しているときは良い意味で謙虚だが、別の言語を話すと大胆になれるという人もいる。どのような新しい自分の一面を開拓したいのか。そのためにどの言語を学びたいのか。

 

どうですか?

日本で学ぶ第一外国語は英語。

その次にもし学ぶとしたら、何語を学びたいですか?

 

 

関連記事:

知りたい。だから学ぶ。 - 2022年までに10ヵ国語学ぶ

違う言語を話すと性格も変わる⁉︎ - 2022年までに10ヵ国語学ぶ