読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

Kindleで語学学習

 

  1. スマホ、タブレット、パソコンでkindleアプリを無料ダウンロード
  2. アマゾンで洋書のkindle版を購入

 

以前読んだ茂木健一郎さんの著書「脳を活かす勉強法」に、辞書を引かずに洋書を読んだ、と書いてあった。

 

それまで本格的に英語の本を読んだことはなかったのですが、読み始めたのです。我慢して何冊か読み続けていくうちに、ある瞬間に突然フッと楽になり、スラスラと英語が読めるようになっていったのです。

 

5年以上前に読んだ本だが、この箇所がとても印象的で、心に残っている。

 

私は、スマホでkindleアプリをダウンロードし、通勤時間などのスキマ時間を利用している。1ページや1章など、区切りのよい所まで、とにかく読み通す。辞書を引くのに手を止めたりはしない。とにかく読み通す。

 

その後にハイライト機能で、分からない単語に蛍光ペンを引く。このとき、すべての分からない単語に、蛍光ペンを引いたりはしない。「なんとなく、これと、これと、これ」という風に、ゆるく、適当に単語を選ぶようにしている。自分にとっては、この方が心に余裕ができて、継続しやすい。1ページ1~3単語くらいが、ちょうどいい。もちろん個人差があると思うので、「もっといける」という方は、どうぞ。逆もしかり。

 

新しく学んだ単語が次のページ、次の章でくり返し出てくる。そのページ、その章で学んだ新しい単語がまた次のページ、次の章に出てくる。このようにして自分の引き出しに語彙が増えていく。すてき。

 

あと、意味は全く理解できていなくても、その言語の文章の流れや文法のつくりに、ふれる機会を多くもっていくことができる点が魅力であると感じる。

  

脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」

脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」