読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

なぜ言語を学ぶのか。知りたい。だから学ぶ。

 

知りたいという気持ちがなければ、勉強は辛い作業である。

 常識にとらわれない100の講義(著者:森博嗣)

 

「やりたいことか~。これがやりたい!って強く思えることとか、目標みたいなものって、今はないな~。」久しぶりに会った友人はそう言っていた。自分が情熱をもってやっているようなことはないが、好きなことをして楽しそうに生活しているようだった。そのような印象を受けた。

 

考えてみれば、例外はあるものの、今は昔と比べてなんでもできる時代だ。日本は他の国と比べてなんでもできる国だ。情報もあふれている。可能性も選択肢もたくさんある。でも時間は限られている。自分が望めば、何をするもしないも自由だ。

 

私は言語や文化を学びたいと思った。

 

好奇心。

言語を学ぶ目的は、好奇心。

 

今学んでいるこの言語を学ぶことで、自分の目の前にどんな新しい世界が広がるのだろう。知りたい。それが知りたい。以前、違う言語を話すと性格も変わる!?という記事を書いた。新しい言語を学ぶと、大げさに聞こえるかもしれないが、自分が新しく生まれ変わるような不思議な感覚がある。

 

あなたが言語を学びたい目的はなんですか?

 

 

 

関連記事:

違う言語を話すと性格も変わる⁉︎ - 2022年までに10ヵ国語学ぶ

 

 

常識にとらわれない100の講義 (だいわ文庫)

常識にとらわれない100の講義 (だいわ文庫)