読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しく触れるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

福原愛ちゃんの中国語を聞いてモチベーションを上げる

中国語

 

You Tubeで見つけた動画。

愛ちゃんが中国のテレビ番組のインタビューに答えているもの。

https://www.youtube.com/watch?v=0j_y73aV4FE

 

すごい...。

 

の一言。

 

とても穏やかな表情で質問に答えていく愛ちゃんの姿が印象的だった。まるで日本語のインタビューを受けているようなスムーズな流れの会話。ぎこちなくない自然な感じが伝わってくる。「あぁ、こんな風に中国語が話せるようになりたい」そう思った。

 

職場にも外国語を話す人がいるが、なぜだろう、誰かがその人の母国語以外の言語を話していると色んな気持ちがこみ上げてくる。すごいなぁって感心や尊敬するような気持ち。母国語でなくてもここまで話せるようになると励まされるような、背中を押されるような気持ち。

 

今回の収穫は2つ

 

1. 相づちを打つときなどの「是吗(shì ma)」が聞き取れた 

真夜中の五分前(映画)で初めて「是吗(shì ma)」って言葉に出会って、お目にかかるのは今回が2回目。よく言っているが、その言葉に何度も出会う(目にする・耳にする)ことは大切だなぁと実感した。

 

2. 中国語のリズムにふれることができた

言語にはそれぞれ独特なリズムがある。例えば、日本語で「元気?」というように同じリズムで英語で「How are you?」と言っても変なことになる。ただ、ニュースやナレーションなどのリズムはどの言語も似ていると感じた。あの冷静で淡々とした感じのリズム。

 

いつも本やテキストで勉強している人は、たまには動画などを見るのもいいですね。学び始めの頃はほとんど何も理解できないけど(私も今回実際に聞き取れたのは「是吗」だけ)、例えばサッカーの基礎はまだ十分じゃないけどとりあえず試合に出て感覚をつかむ感じ。試合に出ている他の人からも良い刺激を受けることができる。モチベーションが上がったり学ぶ意欲が高まる。試合が終わったら自分の足りなさを自覚し、また基礎練習(単語やフレーズを覚えていく)。

 

人によって勉強方法や学び・成長のプロセスは違うので自分のスタイルを確立していくのがいいと思う。

 

 

 

関連記事:

単語・フレーズに何度も出会う - 2022年までに10ヵ国語学ぶ