読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

アウトプットはインプットしたすぐあと

 

新しく言語を学ぶということは、新しい人間関係の中に身を置くことに似ているなぁってふと思った

 

転校、転職、引っ越しなどで今までとは違った新しい人間関係の中に身を置くとき、まずはその人間関係について観察し(インプット)、その中で自分がどのように立ち居振る舞うのか考える。そして発言や行動(アウトプット)と調整を繰り返し、自分の立ち位置や距離感をつかむ。

 

新しい言語も、何も分からない状態から始まるので、とにかくインプット。どのような発音なのか、どのようなイントネーションなのか、どのようなシチュエーションでどのような表現が使われているのか

 

そして、間違ってもいいので、アウトプットはインプットしたすぐあと。誰かが(自分が学んでいる言語で)何か言ったら、意味が分からなくてもその場で同じように自分も言ってみる。CDを聞き流すだけではなく、自分でも言ってみる。新しく学んだ単語をその場で書いてみる。時間が経つと忘れてしまって「また次でいいや」となってしまうので、毎回インプットしたら即座にアウトプット。

 

失敗はしてあたりまえ。赤ちゃんは歩けるようになるまで何度も転ぶ。それは自然なプロセス。言語を学ぶのも同じこと。失敗しても何度も挑戦する。間違ったところを少しずつ調整していく。すぐに身に付かなくても繰り返す。続ける。