something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

毎日の積み重ね

 

小学生のとき家族で英語圏の国に引っ越した。転校した学校には日本人は1人もいなかったので、誰も通訳してくれない英語の環境の中で、右も左も分からない状態で学校に通った。


初日。クラスのみんなが何を言っているのか全く分からなかった。その日の宿題を連絡帳(Agenda)にメモするのにすごく時間がかかって、1人だけ教室に残っていたのを覚えている。


毎日黙ってただひたすら皆の言っていることを聞いていた。私の耳に何となく飛び込んできた最初の言葉が「anyways」だった。私は、「anyways」だけ覚えて家に帰って両親にその意味を聞いた。「anyways」=「とにかく」と覚えてからは、毎日「anyways」だけ聞き取れるようになって、誰かが「anyways」と言うと話の流れが変わったんだなってことだけ何となく分かった。
 
 
私はこうして1日1つ新しい単語を覚えた。始めは両親に聞いていたが、語彙が増えるにしたがってクラスの子に「What does .... mean?」と聞くようになった。6ヵ月後には、5W1Hを使った基本的なコミュニケーションが取れるようになった。
 
 
韓国に留学した時は、毎日授業が終わってから韓国ドラマを借りて字幕なしで見ていた。始めはほとんど分からなかったが授業で新しい単語、文法、表現などを覚える度に理解できるようになった。
 
 
いつもインプットとアウトプットの繰り返し。インプット(学んだ・聞く・読む)したことは、どんどんアウトプット(話す・書く)していく。新しい言語を学び始めた頃はインプットする量の方が多いかもしれない。分からないことばかりだから、集中して聞いたり、読まないと頭に入ってこない。何でも物事の始めはエネルギーが必要。理解できるようになったり実際に会話ができるようになると、だんだんと楽しくなってくる。