自分プロジェクトな日々

ささやかでもいいから、自分プロジェクトをたくさん持っていると毎日が充実します。(松浦弥太郎)

【わたしの100冊】本当に頭がよくなる1分間勉強法

 

2010年3月9日から、この本に習って

読書記録をつけるようになった。

 

ルーズリーフを4つに分ける。

左上が赤、左下が緑、右上が黄色、右下が青。

 

個人的には、

ピンク、黄緑、黄色、水色のマーカーで、

文字の下に線を引いて色分けをしている。

 

青色のペンで読書記録を書くことも、

この本で学んで、続けていることの1つ。

 

 

1冊の本を読んで、

印象に残った箇所に、付せんを貼っていく。

 

あとで読みかえしたときに、

自分が一番大切だと感じた言葉を

左上に書いて、ピンクのマーカーで線を引く。

そのあとの順番は、左下、右上、右下。

 

ルーズリーフは、ファイルに納めていき、

ときどき読みかえすようにしている。

 

 

「感じ取る能力」

「このページは自分にとって

必要な情報かな?」と感じ取ること。

 

「感じながら読む」

という概念が、新鮮だった。

 

それまで、本を読むことに苦手意識があった。

なぜか、とてもマジメで、すべてのページを、

すべての言葉を読まないといけないと思っていた。

 

この本を読んで「あ、読書って、

もっと自由でいいんだ」と思えた。

 

1つ1つの読書体験を、

少しずつ楽しめるようになった。

 

 

著書:

f:id:live-yourlife:20171218150249j:plain