something beautiful...

心に美しくふれるものを求めて... something that touches your heart in a beautiful way...

読書

【002】なんとなく好きな小説の冒頭

こんにちは、kanataです。 以前このような記事を書いて 随時追加なんて書いたはいいけど、 ちゃんと更新できていなかった。 今回は、第2弾ということで 自分が惹かれた小説の冒頭を集めてみました。 素敵な物語に出会えることを願って…。

【読書】短編小説のレシピ

こんにちは、kanataです。 短編小説のレシピという本を読みました。 短編小説のレシピ (集英社新書) 作者: 阿刀田高 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2002/11 メディア: 新書 購入: 6人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (22件) を見る 色んな物語を読…

なんのためにブログを読むのか?なんのためにブログを書くのか?

こんにちは、kanataです。 「おとなの小論文教室」という本を読みました。 小論文と聞くと、正直、少し堅苦しいイメージがあります。 学生の頃に嫌々書いて点数をつけられるもの、 というのが私の中に残っている記憶です。 でも、この本を読んでいくと、 「…

遊ぶ感覚で生きていきたい

「遊ぶ」が勝ち、という本を読みました。 悩みというものの多くは、 視点が固定されていることから生まれる。 だとするなら、悩んでいる人は特に、 「引く」とか「ずらす」という遊びの感覚を駆使して 距離を取り、自分の中に「余白」や「ゆるみ」や 「隙間…

逃げることは悪いことだと思っていませんか?

こんにちは、kanataです。 「逃げる自由」という本を読みました。 メダルを取ってそのあと スランプにはまったときずっと悩んだ。 そして、最後の最後はもう、 メダルなんてなかったことにしようと決めた。 メダリストからスタートするのではなくて、 今ここ…

読書に関する本6冊

こんにちは、kanataです。 今回は、読書に関する本6冊の、 印象に残った箇所や感想などを書いてみました。

【洋書】ティム・フェリスさんの新刊から3人の素敵な言葉を紹介

こんにちは、kanataです。 今、「週4時間」だけ働く。の著者 ティモシー・フェリスさんの新刊「Tools of Titans」を読んでいます。 Tools of Titans: The Tactics, Routines, and Habits of Billionaires, Icons, and World-Class Performers 作者: Timothy…

わたしも銀色夏生さんが好きです。

ある方がブログで銀色夏生さんについて言及されていて、 思い出したように本棚に行って読みかえしてみました。 銀色夏生さんを初めて知ったのは、 4年前の夏に「やがて今も忘れ去られる」 という写真詩集を紹介されたのがキッカケです。 好きなものを3つ紹…

窓ぎわで読書ができる空間7選

窓ぎわで読書ができる空間が、 ほしい、ほしい、ほしい...。 http://vestidoslindosatelier.tumblr.com/post/90941219456 いつか......ね。

【読書】自分の中に毒を持て

岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」を読みました。 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫) 作者: 岡本太郎 出版社/メーカー: 青春出版社 発売日: 1993/08/01 メディア: 文庫 購入: 58人 クリック: 968回 この商品を含むブログ …

【読書】すべて真夜中の恋人たち

素敵な本を読みました。 素敵な言葉の化学反応を体験しました。

韓国語で読む「4月のある晴れた朝に1 0 0パ ーセントの女の子に出会うことについて」

こんにちは、kanataです。 インチョン空港(韓国)で 村上春樹さんの小説(韓国語版)を買いました。

【お題スロットを7日間書く】2日目は、さかなクンの一魚一会を読んで

こんにちは、kanataです。 お題スロット2日目です。 「好きな調味料」という お題をスキップして出てきたのは、 お題「読書感想文」

【お題スロットを7日間書く】1日目は、電車にゆられて読書

こんにちは、kanataです。 はてなブログを使っている人は知っていると思うけど、 「お題スロット」という機能があります。 「何書こうかな?」って書くことに困ったときなど、 ちょっとしたアイディアを与てくれそうですね。 今回は、その、お題スロットを回…

【備忘録】今読んでみたい児童文学5冊

こんにちは、kanataです。 「本へのとびら」を読みました。 本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書) 作者: 宮崎駿 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/10/21 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 105回 この商品を含むブログ (58件) を見る 宮崎…

錦織圭選手「頂点への道」を読んで

こんにちは、kanataです。 錦織圭選手の著書「頂点への道」を読みました。 頂点への道 作者: 錦織圭,秋山英宏 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/04/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る 心に残った箇所をピックアップしていきた…

【心に響く言葉を求めて】舞台を読んで

こんにちは、kanataです。 言葉って不思議。知ってる言葉なんだけど、初めて見る組み合わせの表現に圧巻。そんな素敵な表現(自分の心に何かをソッと残して行くような表現)を見つけると付せんを貼らずにはいられない。読書するときの必需品。コーヒーと付せ…

【001】なんとなく好きな小説の冒頭

https://marquetteeducator.wordpress.com/tag/literacy/ こんにちは、kanataです。 前回の記事を書きながら、 物語の世界にスーッと入っていける冒頭って大切だよなー、 どうやったらそんな風に書けるんだろう?って考えさせられた。 この記事では、 自分が…

【まんが感想】7SEEDSを一度は読んでみてほしい

こんにちは、kanataです。 今回は、(今のところ)1番好きなマンガ「7SEEDS」について。 あらすじ ナツの成長していく姿 恨みの連鎖 知恵の共有 【おまけ】なんとなく好きな場面 最後に 余談ですが、翻訳の作業が終わった後、無性に読みたくなった。(2年前…

【読書感想】あの頃には、もう戻れない。でも、すべてが失われたわけではない。

https://jp.pinterest.com/source/myfourhensphotography.com こんにちは、kanataです。 今回は、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んで感じたこと3つをまとめていきたいと思います。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」をフランス語で読む

こんにちは、kanataです。 一昨日「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(日本語版)を読み終わり、付せんをつけた同じ箇所をフランス語版(L'incolore Tsukuru Tazaki et ses années de pèlerinage)で読んでみました。 よかったらコチラの記事もど…

本とパンとカフェの旅 in パリ(books編)

こんにちは、kanataです。 ただいまです。フランスのパリから帰ってきました。テロ大丈夫?って、周りに心配されましたが(パリ市内で2回ほど、銃を持った軍服の人たちを見かけましたが)、意外と大丈夫な感じでした。 「本とパンとカフェの旅」というテーマ…

【インタビュー要約】ハリーポッターと作家 J.K.ローリング

http://www.businessinsider.com/jk-rowling-has-written-a-new-short-story-on-harry-potter-2014-7 こんにちは、kanataです。 この記事では、「ハリーポッター」の著者 J.K.ローリングの密着インタビューを 要約していきたいと思います。 (日本語は、個人…

映画スタンド・バイ・ミーの題材となった作家スティーブン・キングの幼少期

こんにちは、kanataです。 洋書コーナーに行くと必ず目にする、小説のタイトルよりも大きい文字で書かれた作家の名前「STEPHEN KING」。スティーブン・キングといえば、ホラー小説。「キャリー」「グリーンマイル」「ミスト」などなど、映画化された作品も数…

もうすぐサン・ジョルディの日。親しい人に〇〇をプレゼントする日。

Diada de Sant Jordi 2014, Barcelona こんにちは、kanataです。 突然ですが、みなさんは、「サン・ジョルディの日」をご存知ですか?私は、この前、はじめて知りました。知らないことや、経験したことないことって、たくさんあるんだな〜って改めて感じた。…

【本の感想】アウトサイダーの幸福論を読んで

こんにちは、kanataです。 2016年今年初めて読んだ本は 人生の100のリスト (講談社+α文庫) 作者: ロバート・ハリス 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2008/05/20 メディア: 文庫 著者が「ロバート・ハリス」だなんて書いてあるから、きっと原書は英語だ、英…

【ストレングス・ファインダー】5年ぶりにテストを受けて、5つの強みの内、3つが変わっていた話

こんにちは、kanataです。 ストレングス・ファインダーのテストをご存知ですか?34の強みの中から、自分の5つの強みを教えてくれるテスト。書店で上の本を目にしたことがあるかもしれない。 最近、色んなブログで言及されていて、久しぶりに本棚から取り出し…

ハリーポッターが私に教えてくれたこと

こんにちは、kanataです。 久しぶりに映画ハリーポッターを観ました。 初めて映画版を観た時は 「え、本に出てくる、あの場面が抜けてる!」 「え、そこ全部、飛ばしちゃったの?」 と不満ばかりだったのを覚えているけど、 改めて観る映画版は、そんなに悪…

自分の世界と心が広がる絵本「せかいのひとびと」を読んでみてほしい

こんにちは、kanataです。 今回は、大好きな絵本を紹介したいと思います。

【名言】The Alchemist 夢を旅した少年(No.002)

こんにちは、kanataです。 いい本を見つけて、100回繰り返して読みましょう。100回とも発見があるような深い本とじっくりつきあえば、多くを学べます。 100の基本 松浦弥太郎のベーシックノートより この言葉に感化され、大好きな著書「アルケミスト~夢を旅…

【洋書の名言Big Magic】何かを創る魔法は存在する。私たちの心の中に。

Found this at a book store in Canada. (Indigo) The design of the cover caught my eyes. カナダの書店(Indigo)で平積みにされた新刊を発見。 色合いがとても素敵だなって思いながらよくよく見ると「食べて祈って恋をして」の著者Elizabeth Gilbert. 印…

【洋書の名言the WAR of ART】芸術家は闘いながら創りつづける。

この前、kindle版で、洋書the WAR of ARTを読み終わった。 心に残った箇所をまとめてみた。 The professional arms himself with patience, not only to give the stars time to align in his career, but to keep himself from flaming out in each individ…

そこへ行く道は、いく通りもある

家にある本の整理をしていたら、3年前に買った銀色夏生さんの詩集「エイプリル」が出てきた。 そこへ行く道は いく通りもある あの山へ登ろうどの道を通ろうかどの道を選ぼうか君の自由だよいくつもの道がある そこへ行く道は ここにもあるそこへ行く道は あ…

【それでも前を向いて行く】マンガ「進撃の巨人」を読んで感じたこと

「簡単に言うと巨人が人間を食べる話だよ」 去年(2014年)、↑のように、このマンガを紹介されたとき、「私は読まない」と心に決めた。 でも、最近やたらと書店の大々的な宣伝などで目にして、気になるようになった。 なんで、こんなに売れているんだろう? …

【洋書の名言】考え方を変えてみるだけで、世界は違って見える

書店で面白そうな本を見つけた。 これ ↓ 買おうかな、って思ってよくよく見たら、原書をもう既に買って、持っていたことに気づいた。 それがこれ ↓ 表紙の雰囲気が全く違うので、びっくり。 「え、同じ本?同じ本なの!?」 そう、同じ本なんです。 印象的だ…

二十歳の原点、名言10

著書:二十歳の原点 著者:高野悦子 ちきりんさんが、日記を書き始めたきっかけは、この本を読んだことだと言っていて、気になって読んでみた。好きな箇所を10選んでみた。 この本を読みながら、自分自身を見つめ直すと同時に、未来への可能性を感じた。まだ…

モチベーションを上げる「未来を創る生き方」名言10

ページをめくる音まで、はっきりと聞こえるくらい静かな図書館で、一気に読んだ。言語学習を続けていくなかで、「モチベーションを持ち続けること」も大切にしている。ばっちりモチベーション上がった。 いろいろな見方や定義がありますが、私自身は、成長と…

【洋書の名言】自分の中の可能性を解き放て

著書:Awaken the Giant Within(一瞬で「自分の夢」を実現する法) 著者:Anthony Robbins (アンソニー・ロビンズ) 読み終わった頃にはたくさん線を引いて、折り目をつけてた。名言10じゃなくて、名言100にしてもいいぐらい心に響く箇所がたくさんあった。 …

【洋書の名言】気持ちを強く持とう

著書:Staying Strong 365 days a year 著者:Demi Lovato ディズニー映画アナと雪の女王主題歌「Let it go」を歌ったデミ・ロヴァートの著書から名言を10選んでみた。日本語は個人の意訳。 Nobody but you knows what is right for you, so listen to your …

【洋書の名言】私が確信をもって言えること

What I Know For Sure 著者:Oprah Winfrey 立ち上がり、一歩踏み出し、精一杯生きることで、自分の旅が始まる。 You live, and if you're open to the world, you learn. 私たちはそれぞれの人生を生きている。心を開けば、そこから学ぶことができる。 As y…

小説「贖罪」名言10

贖罪 著者:湊かなえ 個人的に好きな箇所を10選んで、「この表現、英語にしたらどんな感じになるんだろう?」って思って、英訳してみた。(意訳。) 翻訳するとき、いつも思う。どんなに頑張って考えても、全く同じ「感じ」は出せない。言語には、その言語で…

【洋書の名言】勝つための心理学

The Psychology of Winning-Ten Qualities of a Total Winner 著者:Dr. Denis Waitley 日本語版タイトル:成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法 前に一度読んだことがある。今回、読み返して感じたことは、本に書かれていることを実践し、今でも…

【洋書の名言】人生というゲームに必要なルール

1回読んだだけでは、消化しきれない。人生で立ち止まるたびごとに、そのときに必要な助言を与えてくれる、何度も何度も読みかえしたい本。 If Life is a Game, these are the Rules (著者:Cherie Carter-Scott, Ph. D.) 日本語版タイトル 「小さなことから…

The Alchemist 夢を旅した少年の名言10 

洋書アルケミスト夢を旅した少年(著者:パウロ・コエーリョ)から名言を10選んでみた。10年前に購入した本で、だいぶ黄ばんでいたけど、昔読んで線を引いた箇所が、今読み返しても何か感じるものがある。 下の日本語は要約だったり、個人の感想だったり。 T…

20歳のときに知っておきたかった名言10

以前、途中まで読んで本棚にしまっていた洋書 What I Wish I Knew When I Was 20(20歳のときに知っておきたかったこと)を、また読みたくなって、一気に最後まで読んだ。以前は途中まで読んで、お腹いっぱいになった感じだったけど、自分に必要なときに、…

ウォルトディズニー名言11

夢の国ディズニーランドに行ってきた。読書、映画鑑賞、旅行、ディズニーランド。なんでもいいけど、心に残る体験。そのような体験を一つ一つ積み重ねていきたいと感じた。 「ウォルトディズニー夢を叶える言葉」から11の言葉を選んでみた。やっぱり、何かを…

潔く柔く 3.(まんがで英語学習)

ストーカー容疑で訴えるぞ I will sue you for stalking. -------------------------------------------------- Sue: 訴える アメリカでは小さなことでも裁判になることが多くある。 法律関係の海外ドラマにもよく出てくる言葉。 2人でいる時に When we were…

潔く柔く 2.(まんがで英語学習)

東京の大学に行ってからの自分の環境の変化を考えてみてくださいよ Think about the change of your environment after going to a university in Tokyo. 自信ないでしょ? You don’t feel confident about it, right? 俺だって同じです I feel the same way…

潔く柔く 1.(まんがで英語学習)

いっしょにいられればいい ただいっしょに I just want to be with him そんだけじゃあないけど That’s not all とりあえず、そんだけ But for now, that’s all I wish for. -------------------------------------------------- I just want you to know… …